ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

各種キャンペーンを掲載中

マリオットリワード&SPGプラチナ会員のラウンジへのアクセスとウェルカムギフトについて

8月から統合されるマリオットリワードにおけるプラチナ会員のラウンジへのアクセスとウェルカムギフトについて

マリオットリワードは、プラチナ会員を対象としたラウンジへのアクセスとウェルカムギフトの内容について、2018年8月以降に利用できる内容をホテルブランド毎に発表しました。

基本的にはマリオットリワードに関してはそれ程の変化はありませんがスターウッドに関してはウェルカムギフトでもらえるボーナスポイントが少なくなる内容になっています。

スターウッドでは現状ウェルカムギフトに関してチェックイン時に選択するようになっています。

内容はホテルによって違います。

現状ではスターウッドに宿泊する際のボーナスポイントについてはシェラトンやウエスティンなどのフルサービスのホテルでは500スターポイント。

フォーポイントバイシェラトンやアロフトホテルなどの低価格のホテルでは250スターポイントがもらえます。

スターポイントとマリオットポイントの交換比率は1対3なので、現状で考えるとマリオットリワードになったときに1,500ポイントと750ポイントになります。

しかし、8月の統合後はシェラトンやウエスティンなどのフルサービスのホテルでは1,000ポイント。

フォーポイントバイシェラトンやアロフトホテルなどの低価格のホテルでは500ポイントになります。

このウェルカムギフトのポイント数に関して現状よりも少なくなります。

その他のウェルカムギフトに関してはホテルによって違います。

ラウンジのあるホテルに関しては朝食やドリンクがありますのでポイント以外の選択肢はほとんどありませんが、ラウンジのないホテルではポイントか朝食かを選択することが出来ます。

もらえるポイント数を考えると今まではシェラトンなどの500スターポイントがもらえるホテルではポイントに、フォーポイントバイシェラトンなど250スターポイントがもらえるホテルでは朝食を選択した方が良いと思います。

マリオットリワードでは原則プラチナ会員にはラウンジがなくても朝食が付きますので、ポイント以外の選択肢はないように思います。


統合後のプラチナ会員を対象としたラウンジのアクセスに関しては一部のリゾートホテルを除いてアクセスすることが出来ます。

マリオット上級会員の特典がないマリオットリゾートと同様に、リッツ・カールトンとEDITIONブランドでは朝食はつきません。


2018年8月から変更になる点に関してはまだ認知されていない状態なのでプラチナ会員などは宿泊する際にどういった得点が得られるのか確認する必要ががあります。

統合後は29種類のホテルブランドになり、ホテル毎でも最初はサービス内容が流動的になることが予想されます。




マリオットリワード 8月からの航空会社へのポイントからマイルへの移行に関して

マリオットリワードの新しいプログラムは、現状では正確な日にちはまだわかりませんが、8月に開始されます。

現状でもスターポイントは1:3の比率でマリオットポイントに変換されますが統合後も同じ比率で交換されます。

航空会社へのポイントからマイルへの移行に関して

スターウッドプリファードゲストプログラムのスターポイントの使い方としてホテルでの無料宿泊の他に、スターポイントを指定した航空会社のマイルに優れた比率で変換できることでした。

他のホテルプログラムと違ってスターウッドは1対1の比率でマイルに移行することが可能で、さらに20,000ポイントをマイルに移行するごとに5,000マイルのボーナスマイルがつきました。

スターウッドは基本的に航空会社が10,000スターポイント(マリオットリワードで30,000ポイント)で10,000マイルになります。

さらに20,000スターポイントを交換するとボーナスマイルがつき25,000マイルになります。

つまり1スターポイントは航空会社の1.25マイルになるため、スターウッド プリファード ゲストアメリカン ・エキスプレス・カードトはマイルをためるのに通常のJALカードやANAカードよりも効率の良いクレジットカードになります。



今までのマリオットリワードのマイルへの交換の場合は、航空会社によって交換レートが違っていました。

日本航空や全日空が対象の一般的な交換レートは30,000ポイントに対して7,000マイルになります。

それ以上に良い条件での移行対象航空会社はユナイテッド航空などの限られた航空会社になります。



新しいマリオットリワードでも、その部分はそのまま引き継いでいくようです。

具体的には、マリオットポイントは3:1の比率で航空会社のマイルに移行になり、60,000ポイントのマリオットポイントごとにマリオットリワードのポイントが15,000ポイント(移行後は5,000マイル)のボーナスが付与されます。

言い換えると、60,000のマリオットポイントは25,000の航空会社マイルに変換されます。



現状ではスターウッドのプログラムの方がマイル移行に関しては明らかに優れていますが統合後は改善されます。

新しいポイント交換レートは3ポイントで1マイルになります。

これはスターウッドの交換レートを継続した内容になります。

また、8月からはポイントをマイレージプログラムのマイルに変換すると、60,000ポイントごとに15,000ボーナスポイントが追加で提供され、交換後のマイル数は合計25,000マイルを獲得できますので、これもスターウッドを継続した内容になります。

また新たにカンタス航空、ジェットブルー航空、ターキッシュ エアラインズなどが新たに交換対象航空会社に加わり、40社を超える航空会社のエアマイルにポイントを変換することが可能になります。

なのでマイル移行に関してはスターウッドが現状維持、マリオットリワードは改善される内容になります。





マリオットリワード キャンペーン地域のヴィラで宿泊代金が20%OFF

マリオットリワードは、2018年9月16日から12月6日までのキャンペーン期間中にアルーバ、フランス、セントクリストファー・ネイビス、スペイン、タイ、バージンアイランド、アメリカのキャンペーンに参加しているホテルのヴィラで宿泊料金を20%OFFにするキャンペーンを行っています。

滞在期間は2018年9月16日〜12月6日まで

日本には対象ホテルはありませんが、タイやアメリカのハワイなどが対象になっています。

マリオットリワードの会員は、セール対象の日曜日から木曜日の滞在(ボストン、サンディエゴ、ニューヨークでは金曜日または土曜日)を対象に20%の割引を受けられます。

その予約の際にはプロモーションコードを入力する欄にM11のプロモーションコー入力する必要があります。


キャンペーンページはコチラ



マリオットリワード キャンペーン地域のヴィラで宿泊代金が20%OFF



参加ホテルは

アルバ

パームビーチ

マリオットズアルバサーフクラブ
マリオットアルーバオーシャンクラブ

フランス

バイロリーロマンヴィリエ

マリオットビレッジイルドフランス
セントクリストファー・ネイビス

フリゲート

マリオットセントキッツビーチクラブ

スペイン

エステポナ

マリオットプラヤアンダルサ

Llucmajor

マリオットズクラブソンアンテム

マルベージャ

マリオットマルベージャビーチリゾート

タイ
プーケット島

マリオットマイカオビーチ - プーケット
マリオットプーケットビーチクラブ

バージン諸島(米)

セントトーマス

マリオットズフレンチマンズコーブ

アメリカ

アリゾナ州

フェニックス

マリオットズキャニオンヴィラス

カリフォルニア

ニューポートコースト

マリオットズニューポートコーストヴィラス

パームデザート

マリオットズデザートスプリングスヴィラズI
マリオットズシャドウリッジI-The Villages
マリオットズシャドーリッジII - エンクレーブズ
マリオットズデザートスプリングスヴィラズII

サンディエゴ

マリオットバケーションクラブパルス、サンディエゴ

サウスレークタホ

グランドレジデンスバイマリオット、レイクタホ
マリオットズティンバーロッジ

コロラド州

ブリッケンリッジ

マリオットズマウンテンバレーロッジアットブリッケンリッジ

ベイル

ベイルのマリオット・ストリームサイドバーチ
マリオットのストリームサイドダグラス(ベイル)
ベイルのマリオット・ストリームサイド・エバーグリーン

フロリダ州

フォートローダーデール

マリオットズビーチプレイスタワーズ

マルコ島

マリオットズクリスタルショアーズ

マイアミ

マリオットズヴィラスアットドラル
マイアミビーチ

マリオットバケーションクラブパルス、サウスビーチ

オーランド

マリオットサイプレスハーバーヴィラズ
マリオットグランデビスタ
マリオットズハーバーレイク
マリオットインペリアルパームスヴィラズ
マリオットズレイクショアリザーブ
マリオットロイヤルパームズ
マリオットズサバルパームス
パームビーチショアーズ

マリオットオーシャンポイント

パナマ市

ベイポイントのマリオットレジェンドエッジ

リビエラビーチ

マリオットズオセアナパームス

ハワイ

カポレイ - オアフ島

マリオットコオリナビーチクラブ

コロア - カウアイ

マリオットワイオハイビーチクラブ

ラハイナ - マウイ

マリオットズマウイオーシャンクラブ - モロカイ、マウイ&ラナイタワーズ
マリオットマウイオーシャンクラブ - ラハイナ&ナピリタワーズ

リフエ - カウアイ島

マリオットカウアイビーチクラブ
マリオットカウアイラグーンズ - カラニップゥー

ワイコロアビーチ

マリオットズワイコロアオーシャンクラブ

マサチューセッツ州

ボストン

ボストンカスタムハウスのマリオットバケーションクラブパルス

ミズーリ州

ブランソン

マリオットウィローリッジロッジ

ネバダ州

ラスベガス

マリオットグランドシャトー

ニュージャージー

ギャロウェイ

マリオットズフェアウェイヴィラズ

ニューヨーク

ニューヨーク

マリオットバケーションクラブパルス、ニューヨーク
サウスカロライナ

ヒルトンヘッド

マリオットズバロニービーチクラブ
マリオットズハーバーポイント、サンセットポイントアットシェルターコーブ
マリオットズサーフウォッチ
ヒルトンヘッドアイランド

マリオットヘリテージクラブ
マリオットズハーバークラブ
マリオットズモナークアットシーパインズ
マリオットグランデオーシャン
マートルビーチ

マリオットオーシャンウォッチヴィラアットグランデデューンズ

ユタ州

パークシティ

マリオットズマウンテンサイド
マリオットズサミットウォッチ

バージニア州

ウィリアムズバーグ

フォードマリオットズマナークラブ







ヒルトンオーナーズはポイント購入で60%ボーナスマイルや50%ディスカウントなど会員ごとに提供

ヒルトンオーナーズはポイント購入で60%ボーナスマイルや50%ディスカウントなど会員ごとにキャンペーンを提供しています。

キャンペーン期間は2018年12月31日まで

ヒルトンオーナーズは、数ヶ月に一回の割合でヒルトンオーナーズのポイント購入に関してキャンペーンを行っています。

内容的にはボーナスポイントや購入金額を割り引く内容ですが、今回は会員ごとに内容の違うポイント購入キャンペーンです。

ヒルトンオーナーズの今回のキャンペーンはボーナスポイントに関しては最大60%のボーナスポイントがもらえます。

マイル購入金額の割引に関して最大はわかりませんが、実際に見てみると30%の割引でした。

ただし、条件があって5,000ヒルトンオーナーズポイント以上の購入に対して割引がされていました。


ヒルトンオーナーズはポイント購入で60%ボーナスマイルや50%ディスカウントなど会員ごとに提供



ポイント購入はコチラ


どういう内容になっているかは会員によって違いますので、確認することをお勧めします。

ただし、通常行われているキャンペーンでは100%のボーナスポイントや50%の割引(実質1ポイントあたりの価格は同じになります)が行われる可能性が高く、それと同じ内容であれば今回のキャンペーンでポイントを購入しも良いと思いますが、そうでない場合は購入を考えた方が良いと思います。


実際先ほど記載したように、30%の割引でしたのでお得感は少なかったです。

ヒルトンオーナーズのポイント80,000ポイントで通常は$800USDが必要ですが、キャンペーン期間中は$560USDになります。






次の6週間を対象としたSPGホットエスケープ 最大37%OFF+会員は5%OFF

次の6週間を対象としたSPGホットエスケープ 最大37%OFF+会員は5%OFF

予約は土曜日までになります。

スターウッドは、毎週水曜日、毎週ホットエスケープリストを公開しています。

ホットエスケープは、世界各地のホテルの中から、20% 15%(時折最大37%OFF)+ SPGメンバーの追加5%OFFになるセールです。

ホットエスケープは対象となるホテルが毎週変化します。

今週の土曜日(アメリカ時間)までに予約する必要があり、ホテルによって毎日や週末だけが対象になったりします。

ホテルの価格は、今後6週間は会員価格が最も安い状態になります。

在庫状況と価格は日付によって異なる場合があります。

SPGのホットエスケープウェブサイトはこちら。



次の6週間を対象としたSPGホットエスケープ 最大37%OFF_会員は5%OFF




SPGホット・エスケープ、今週土曜日までの間に予約を行い、次の6週間の宿泊期間が対象になります。

ホットエスケープの利用可能日の日付は、ホテルによって異なります

SPGホットエスケープのウェブサイトで、利用可能なホテルを確認することができます。

SPGホットエスケープのウェブサイトで掲載されている今回の対象のホテルは


今回のSPGホットエスケープで日本の参加ホテルは

ウェスティンホテル大阪 $ 160 USD

〒531-0076 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1−20 新梅田シティ内

電話: 06-6440-1111


アメリカは34ホテルと先週と比較して同じ状態です。

日本からの場合は利用する機会の多い

ウェスティンサンディエゴ $ 136 USD

ウェスティンミッションヒルズリゾートヴィラ、パームスプリングス $ 104 USD



などはロサンゼルスからも近くお得な宿泊料金です。


個人的にも良く宿泊するホテルなので、利用したいと思います。




アジアでは

インドネシア

セントレジスバリリゾート $ 459 USD

Sthala、トリビュートポートフォリオホテル、ウブドバリ $ 61 USD

日本

ウェスティンホテル大阪 $ 160 USD

韓国

ウェスティンチョースンソウル $ 185 USD

フォーポイント・バイ・シェラトン・ソウル、江南(カンナム) $ 113 USD

マレーシア

セントレジスクアラルンプール $ 237 USD

シェラトンペタリンジャヤホテル $ 65 USD

タイ

ロイヤルオーキッドシェラトンホテル&タワーズ $ 76 USD

セントレジス・バンコク $ 183 USD

シェラトン・サムイ・リゾート $ 149 USD

になっています。