IHGリワードクラブの新しいキャンセルに関するルール - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブの新しいキャンセルに関するルール

以前、ヒルトンやマリオットなどが、ホテルのキャンセルポリシーをより厳しくしていることを記載しました。

内容はキャンセル可能なレートで予約した場合、今までは前日の夕方までキャンセル可能だったルールが2日前の夕方に変更になりました。

こうなった理由は、予想以上の人が直前に旅行をキャンセルするため、空室が増えるためです。

キャンセルをするのは、キャンセル可能のレートで予約しておいて直前まで価格が下がるか、他のホテルでより安く宿泊出来るかチェックしているのでキャンセルが増えるようです。

直前でキャンセルする件数が多いと、予約時では満室の状態でも直前に空室が出るためホテルとしても対応できない。


今回はIHGリワードクラブもより厳しいキャンセル方針を導入するようです。

今までは宿泊当日の18:00までがキャンセル期限でしたが24時間前に変更になります。


この新しい方針は、先週のヨーロッパや今週アメリカで導入され、9月までには中国を除いてアフリカ、アジア、中東で展開する予定とのことです。

IHGリワードクラブの新しいキャンセルに関するルールがヒルトンやマリオットのそれよりも大幅に制約が少ない内容です。

ヒルトンとマリオットの最新の変更により、48-72時間までにキャンセルすることが必要です。






コメント
非公開コメント