アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」とスターウッドが提携解消 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」とスターウッドが提携解消

アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」とシェラトンやウエスティンホテルのスターウッドが提携解消します。


タクシーアプリUberとSPGが提携


Uber(ウーバー)は

アプリによるハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」が東京でも正式サービスを開始しています。 

世界中の主要都市でもサービスを展開中です。

チップの必要も無く、目的地も予約の段階で登録できますので海外では使いやすいと思います。

ハイグレードで安価なサービスは好評

配車に関して目安として5~10分で到着する体制。

あらかじめ、クレジットカード情報の入力など会員登録しておく必要があります。

支払いはVISAやマスターカードの他JCBとダイナースブランドのクレジットカード登録に対応しています。

料金体系は明確。

料金は、基本料金が103円で、1分ごとに67円と1キロごとに308円が加算される。タクシーのような深夜割増はないため、利用距離によってはタクシーより割安になる。

ハイヤーを通常の方法でスポット利用する際、例えば業界大手の日本交通の場合、1時間または15キロメートルで料金は6270円からという設定なので、Uberは格安になっています。

今回、「Uber(ウーバー)」とスターウッドが提携していましたが2017年12月17日に終了します。

今まではUberでタクシーにのって会計をするとスターウッドのポイントがもらえていました。

基本は1ドル使うたびに1SPGポイント貰えます。50ドルも乗れば50SPGポイントです。

日本ではまだ一部の地域でしか展開していないUber。

Uberに乗ってスターポイントを獲得する事は非常に効率的な方法でした。


マリオットが、マリオットリワードに持参しないUberのようなSPGのパートナーシップを徐々に解消することを決定したかどうかは不明ですが、これからマリオットリワードはユナイテッド航空とのつながりが強く、デルタ航空やエミレーツ航空の提携がどうなるか不透明です。





コメント
非公開コメント