IHGリワードクラブとキンプトン ホテルズ&レストランツは2018年合流 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブとキンプトン ホテルズ&レストランツは2018年合流

IHGリワードクラブとキンプトン ホテルズ&レストランツは2018年の早い時期にIHGリワードクラブのプログラムに合流することになりました。

IHGリワードクラブは2014年にキンプトン ホテルズ&レストランツを買収し、日本国内での展開も検討しています。

キンプトン ホテルズ&レストランツのホテルプログラム カルマプログラムが今週中に終了する予定で、2018年1月1日より全会員がIHGリワードクラブに加わります。

以前の記事ではIHGリワードクラブは国内進出を検討するのは超高級ホテルの「キンプトン ホテルズ&レストランツ」と、高級ホテルの「ホテル インディゴ」になります。

キンプトン ホテルズ&レストランツやホテル インディゴはデザイナーズホテルとして、ともに内装などに趣向を凝らしたデザインが特徴のホテルになります。

キンプトン ホテルズ&レストランツはIHGが15年に買収しました。

キンプトン ホテルズ&レストランツは、サンフランシスコを本拠地とするブティックホテルとレストランの運営でしています。

デザインホテルとしてはトップクラスのブランドで、アメリカにブティックホテルのコンセプトを初めて導入したホテルとして評価されています。

創業されたのは1981年とそれほど歴史はありませんが創設されて以来、選び抜かれた特典やアメニティ、斬新で遊び心のあるデザイン、心のこもったパーソナルなゲストサービスなどで、利用者に感動を与えるブランドとしての地位を確立してきました。

日本での展開はキンプトン ホテルズ&レストランツは東京などが候補地になり、インディゴは東京や大阪、京都などの都市や北海道・ニセコといったリゾート地が候補になります。






コメント
非公開コメント