スターウッドとマリオットでホテルカテゴリー変更 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

スターウッドとマリオットでホテルカテゴリー変更 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

スターウッドとマリオットでホテルカテゴリー変更

スターウッドとマリオットが2018年無料宿泊に関係するホテルカテゴリーを変更します。

ホテルカテゴリーが変更になっても宿泊料金が変わることはありません。

しかし、スターポイントを使って無料宿泊する際のポイント数がホテルカテゴリーに応じて上下します。

スターウッドプリファードゲスト(SPG)とマリオットリワードは2018年3月6日に行われるホテルカテゴリー変更を発表しました。

スターウッドは合計276のホテルでカテゴリーが変更され、それぞれスターポイントによる無料宿泊に必要なスターポイント数が上下します。

カテゴリー変更はこちらで確認出来ます。


スターウッド 2018年無料宿泊に関係するホテルカテゴリーが変更


日本のスターウッド参加ホテルも3カ所変更になります。

カテゴリーは全て上がります。

St. Regis 大阪がカテゴリー6から7に

北海道の

キロロリゾートがカテゴリー4から5に

函館のフォーポイントバイシェラトンが2から一気に4に

函館のフォーポイントバイシェラトンは日本では唯一、週末は3,000スターポイントで宿泊出来るホテルでしたが、この変更でなくなります。

日本のスターウッド参加ホテルは毎年カテゴリーが上がっていきます。

函館は宿泊する事はないと思いますが、ホテルの内容から考えるとカテゴリー4はちょっと合わないと感じます。


マリオットリワードも同じくホテルカテゴリーを変更します。

ホテルカテゴリーが変更になっても宿泊料金が変わることはありません。

しかし、ポイントを使って無料宿泊する際のポイント数がホテルカテゴリーに応じて上下します。

マリオットリワードは2018年3月6日に行われるホテルカテゴリー変更を発表しました。

今回の変更は21%のホテルはより多くのポイントを必要とするホテルカテゴリーが上がります。

ポイントが少なくなるホテルカテゴリーが下がるのは全体の5%と非常に少なく、より多くのホテルがより多くのポイントが無料宿泊で必要になります。

これはスターウッドのホテルカテゴリー変更と比較しても厳しい変更になります。



カテゴリー変更はこちらで確認出来ます。


マリオットリワード 2018年の無料宿泊に関係するホテルカテゴリーを変更します。


日本のマリオットリワード参加ホテルも4カ所変更になります。

ホテルカテゴリーは全て上がります。


マリオットリワード 2018年の無料宿泊に関係するホテルカテゴリーを変更します1。


日本のマリオットリワード参加ホテルは毎年カテゴリーが上がっていきます。






コメント
非公開コメント