マリオットリワードとスターウッド 統合後のポイント交換に関して - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

マリオットリワードとスターウッド 統合後のポイント交換に関して - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオットリワードとスターウッド 統合後のポイント交換に関して

マリオットリワードとスターウッドの統合後にマリオットリワードで獲得したポイントと交換して無料宿泊や航空会社のマイルに移行する内容も変わってきます。

統合後の内容に関してはマリオットリワードをメインに使っている方とスターウッドをメインに利用されている方では受け取り方も違うと思います。

なので両方のプログラムと比較して、変更後の内容を考えてみたいと思います。

8月1日から、カテゴリー1〜8のすべてのホテルに新しい特典チャートが適用になります。

今までマリオットリワードでは現状カテゴリー1~9までの区分けになっています。

それが今年の変更後はカテゴリー7まで、来年からはカテゴリー8が新設されるので、8段階のカテゴリーになります。

スターウッドは現状のカテゴリー1~7までと今年中は同じ区分けになり、来年以降はカテゴリー8が新設されるので、8段階のカテゴリーになります。


無料宿泊に関してはスターウッドの方が優遇されているような印象を受けます。

ただし、統合後もホテルカテゴリーの変更がないことが前提です。

検証するためには変更前のポイントを利用した無料宿泊について確認しておきます。


マリオットリワードの場合


マリオットのポイント交換に関して


通常のポイントによる無料宿泊で考えると現在のマリオットリワードの無料宿泊に必要なポイント数

カテゴリー1:7,500ポイント
カテゴリー2:10,000ポイント
カテゴリー3:15,000ポイント
カテゴリー4:20,000ポイント
カテゴリー5:25,000ポイント
カテゴリー6:30,000ポイント
カテゴリー7:35,000ポイント
カテゴリー8:40,000ポイント
カテゴリー9:45,000ポイント

その他にリッツ・カールトンで宿泊する場合は別のチャートになります。

Tier 1:30,000ポイント
Tier 2:40,000ポイント
Tier 3:50,000ポイント
Tier 4:60,000ポイント
Tier 5:70,000ポイント


そしてスターウッドの場合


マリオットのポイント交換に関して1


このチャートは平日のチャートになり、週末の金曜日と土曜日に宿泊する場合はカテゴリー1とカテゴリー2が1,000スターポイント少なく宿泊できます。

この表では比較するときにわかりにくいので、マリオットリワードのポイントに合わせるため1:3の移行率に合わせて調整します。

カテゴリー:6,000〜9,000ポイント
カテゴリー2:9,000〜12,000ポイント
カテゴリー3:21,000ポイント
カテゴリー4:30,000ポイント
カテゴリー5:36,000〜48,000ポイント
カテゴリー6:60,000〜75,000ポイント
カテゴリー7:90,000〜105,000ポイント

になります。

スターウッドの場合は同じカテゴリーでも空室状況によってスタンダードルームがない場合は20%程増量したポイントで宿泊も出来ますが、今回は基本のポイント数で考えます。


変更後は


マリオットのポイント交換に関して2jpg




この表では必要ポイント数は3段階に分かれています。

しかし、2018年度中は、すべてのホテルで「標準」価格での宿泊になり、2019年からは「オフピーク」と「ピーク」の両方の交換が追加されます。

つまり、2019年以降は3段階の無料宿泊に対するポイント数になります。

マリオットリワードとスターウッドは今でも5泊の無料宿泊に関しては4泊分のポイント数で宿泊できますが、変更後も維持されます。


新しい統合アワードチャートでは、29のマリオットリワードに参加しているホテルブランドの6,500軒を超えるホテルが対象となり、特典除外日もありません。

この内容を見るとホテルカテゴリーに変更がないことを前提として考えると、マリオットリワードの必要ポイント数は増加して、スターウッドの必要ポイント数は少なくなっています。

ただし、それは標準のポイント数を元にして考えていますので、3つのシーズンが年間のうちでどのような配分になっているかよってお得感は違ってきます。

この内容で考えるとスターウッドの会員は今年中のポイントによる無料宿泊がお得に利用できると思います。


航空会社へのポイントからマイルへの移行に関して

スターウッドは航空会社へのマイル移行で他のホテルプログラムよりもお得な内容になっていますが、変更後の内容を検証したいと思います。

今までのマリオットリワードのマイルへの交換の場合は、航空会社によって交換レートが違っていました。

日本航空や全日空が対象の一般的な交換レートは30,000ポイントに対して7,000マイルになります。

それ以上に良い条件での移行対象航空会社はユナイテッド航空などの限られた航空会社になります。

一方スターウッドは基本1:1の交換比率で大体の航空会社が10,000スターポイント(マリオットリワードで30,000ポイント)で10,000マイルになります。

さらに20,000スターポイントを交換するとボーナスマイルが5,000マイルになります。

現状ではスターウッドのプログラムの方がマイル移行に関しては明らかに優れています。

統合後は

新しいポイント交換レートは3ポイントで1マイルになります。

これはスターウッドの交換レートを継続した内容になります。

また、8月からはポイントをマイレージプログラムのマイルに変換すると、60,000ポイントごとに15,000ボーナスポイントが追加で提供され、交換後のマイル数は合計25,000マイルを獲得できますので、これもスターウッドを継続した内容になります。

また新たにカンタス航空、ジェットブルー航空、ターキッシュ エアラインズなどが新たに交換対象航空会社に加わり、40社を超える航空会社のエアマイルにポイントを変換することが可能になります。

なのでマイル移行に関してはスターウッドが現状維持、マリオットリワードは改善される内容になります。







北海道 函館 東北 仙台 北関東 東京 六本木 新宿 銀座 南関東 横浜 箱根 熱海 伊豆 甲信越 軽井沢 北陸 金沢 東海 名古屋 大阪 京都 関西 神戸 淡路島 中国 広島 四国 九州 福岡 沖縄 石垣島 宮古島 温泉 日帰り温泉 露天風呂付客室 東北 温泉 関東 温泉 甲信越 温泉 東海 温泉 近畿 温泉 北陸 温泉 中国 温泉 四国 温泉 九州 温泉 群馬 温泉 東京 温泉 秩父 温泉 箱根 温泉 長野 温泉 京都 温泉 東京駅 品川駅 原宿駅 新橋駅 大崎駅 代々木駅 恵比寿駅 大阪駅 新大阪駅 名古屋駅 エリアから探す 地域から探す 温泉地から探す 駅から探す グループホテルから探す 宿泊予約 一休Plus+ 旅館予約 日帰り・デイユース ホテルチェーン ビジネスホテル キラリト予約 バケーションレンタル予約 古民家・町家 海外ホテル ディズニー ホテル 一人旅 一休コンシェルジュ キャンペーン・特集 ランキング クチコミ Go to Travel キャンペーン お得なクーポン サイトマップ メールマガジン 個人情報保護方針 レストラン ランチ ディナー ケーキバイキング スイーツビュッフェ おでかけスポット 東京 デート お台場 デート 渋谷 デート 恵比寿 デート 吉祥寺 デート 横浜 デート 大阪 デート 京都 デート 北海道観光 青森観光 岩手観光 秋田観光 宮城観光 山形観光 福島観光 茨城観光 栃木観光 群馬観光 埼玉観光 千葉観光 東京観光 神奈川観光 箱根観光 鎌倉観光 湯河原観光 熱海観光 山梨観光 長野観光 新潟観光 富山観光 石川観光 福井観光 静岡観光 愛知観光 岐阜観光 三重観光 滋賀観光 大阪観光 京都観光 兵庫観光 奈良観光 和歌山観光 鳥取観光 島根観光 岡山観光 広島観光 山口観光 香川観光 愛媛観光 徳島観光 高知観光 福岡観光 佐賀観光 長崎観光 熊本観光 大分観光 湯布院観光 別府観光 宮崎観光 鹿児島観光 沖縄観光 ザ・リッツ・カールトン東京 シャングリ・ラ ホテル 東京 グランド ハイアット 東京 パレスホテル東京 ザ・ペニンシュラ東京 マンダリン オリエンタル 東京 パーク ハイアット 東京 フォーシーズンズホテル丸の内 東京 アンダーズ 東京 強羅花壇 あさば ANAインターコンチネンタルホテル東京 ウェスティンホテル東京 ザ・キャピトルホテル 東急 ザ・プリンス パークタワー東京 ザ・リッツ・カールトン大阪 セルリアンタワー東急ホテル セント レジス ホテル 大阪 ハイアット リージェンシー 京都 ハイアット リージェンシー 東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京ベイ ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ グランドニッコー東京 台場 The Okura Tokyo ザ・リッツ・カールトン京都 ホテルグランヴィア京都 ホテルグランヴィア大阪 ホテル椿山荘東京 ヒルトン東京お台場 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル リーガロイヤルホテル ロイヤルパークホテル 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 横浜ロイヤルパークホテル 京王プラザホテル 帝国ホテル 大阪 帝国ホテル 東京 東京ドームホテル ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ ホテルオークラ神戸 ホテルニューオータニ 横浜ベイホテル東急 三井ガーデンホテル 京都新町 別邸 ザ・リッツ・カールトン沖縄 古民家 NIPPONIA 定山渓温泉 ニセコ温泉 支笏湖温泉 登別温泉 十勝川温泉 川湯温泉 知床ウトロ温泉 湯の川・西大沼温泉 旭岳・層雲峡温泉 洞爺湖温泉 浅虫温泉 八甲田山温泉 つなぎ温泉 花巻温泉郷 秋保・作並温泉 鳴子温泉 十和田湖 西湖畔温泉 乳頭温泉郷・夏瀬温泉 天童・銀山・瀬見温泉 蔵王温泉 会津東山温泉 鬼怒川温泉 那須温泉 日光温泉 那須白河温泉 塩原温泉 伊香保温泉 四万温泉 草津温泉 芦ノ湖周辺の温泉 箱根湯本温泉 湯河原温泉 岩室温泉 月岡・村杉温泉 越後湯沢・六日町温泉 宇奈月温泉 春日温泉 庄川温泉 ねぶた温泉 粟津・片山津温泉 山代温泉 山中温泉 辰口温泉 白鳥路温泉 和倉温泉 輪島温泉 芦原・三国温泉 鷹巣温泉 河口湖・富士山温泉 西山温泉 石和温泉 星野温泉 白骨・上高地温泉 別所温泉 野沢温泉 奥飛騨温泉郷 下呂温泉 飛騨高山温泉 伊東温泉 伊豆長岡温泉 稲取温泉 下田温泉 修善寺温泉 土肥温泉 堂ヶ島・大沢温泉 熱海温泉 北川・熱川温泉 長島温泉 鳥羽温泉 伊勢・志摩温泉 湯の花温泉 嵐山温泉 京都温泉 城崎温泉 赤穂温泉 湯村温泉 有馬温泉 洲本温泉 南紀白浜温泉 皆生温泉 三朝温泉 玉造温泉 奥津温泉 湯郷温泉 宮島温泉 鞆の浦・尾道温泉 湯田温泉 萩温泉郷 祖谷温泉 鳴門温泉 こんぴら温泉 小豆島の温泉地 道後・奥道後温泉 土佐山温泉 嬉野・武雄温泉 雲仙温泉 湯ノ本温泉 小浜温泉 黒川温泉 玉名・山鹿温泉 湯布院温泉(由布院) 別府温泉郷 北郷温泉 指宿温泉 霧島温泉郷
コメント
非公開コメント