統合後のマリオットリワード さらなる変更点 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

統合後のマリオットリワード さらなる変更点 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

統合後のマリオットリワード さらなる変更点

新しいマリオットリワードのトラベルパッケージが発表されました。

マリオットリワードのポイントを交換する方法として最もお得なマリオットリワードのトラベルパッケージが変更になります。

内容的には改悪になります。

スターウッドのホテルを利用したり、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの利用で貯まるスターポイント。

マリオットリワードやスターウッドのポイントの交換方法として、一般的なのはホテルの無料宿泊やキャッシュ&ポイントで使用したり、スターウッドで20000ポイント(マリオットなら変更後は同じ比率で)までためて航空会社のマイルに移行(ボーナスマイルを含めて25000マイルになります。)する方法が一般的です。

しかし、相当なポイント数が必要になりますが、このスターポイントの最もお得な使い方として、マリオットリワードのトラベルパッケージがあります。

8月から完全に統合されるので今までのスターポイントはマリオットのポイントに以降になり、それ以降の利用分はすべてマリオットポイントに積算されます。

マリオットリワードのトラベルパッケージは大量のポイントが必要ですがポイントと交換でマリットに参加しているホテルに7泊+指定した航空会社のマイルがもらえるパッケージになります。

大量のポイントが必要なのでスターウッドやマリオットのホテルに宿泊しただけでは達成できないと思いますがクレジットカードのスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを利用する事によって日々の支払いをまとめると達成も不可能ではありません。

このトラベルパッケージの内容ですが、統合後に変更になります。

基本的に指定された数のポイントで、7泊分のホテル特典+選択した航空会社のマイルを獲得できます。

7泊のホテル特典を獲得出来るほかに、航空会社によって違いますが大量のマイルを獲得出来ます。

変更後は航空会社によって交換比率が変わっていましたが、変更後は統合されます。



新しいマリオットリワードのトラベルパッケージが発表されました


いかに変更になる前の内容を記載しますが、マリオットリワードは、これらのトラベルパッケージを現在よりも魅力的でないオプションとしたいと考えており、それを今回の変更で達成していることは明らかです。

これらの新しいトラベルパッケージを利用する理由は見当たりません。

例えばスターウッドのスターポイントが100000ポイント(マリオットポイント300,000ポイント)ある場合、カテゴリー5のホテルでの7日間の無料宿泊に必要なポイント数は72000ポイント(5泊目が無料になる事を計算して)になります。

また航空会社のマイルに移行した場合は移行時のボーナスマイルを計算して125000マイルになります。


これが変更前のトラベルパッケージの場合

ユナイテッド航空に交換する場合

スターウッドのスターポイント お得な使い方

ホテルカテゴリー6のホテルに7泊+132000マイルがもらえます。

これは、10%のボーナスマイルがついている期間限定になります。

通常はユナイテッド航空を含めてアメリカン航空やデルタ航空、ブリテッシュエアウエイズ、ハワイアン航空などの


スターウッドのスターポイント お得な使い方1

になります。

同じカテゴリー6のホテルに7泊と120000マイルがもらえます。

そして、JALやANAは


スターウッドのスターポイント お得な使い方2

になります。

この交換比率の場合カテゴリー6のホテルに7拍+85000マイルになりますので交換比率としては落ちますが、JALやANAの場合少ないマイルで特典航空券を予約できます。

ただし、スターウッドのポイントを直接マイルに交換した場合は125000マイルになりますので、マイルとして考えると40000マイル少なくなります。

カテゴリー6のホテルはリゾートホテルやシティホテルも数多く所属しているカテゴリーになります。

宿泊料金も1泊3万円程度は必要になりますので7拍で20万円程度になります。

その他に航空会社のマイルがもらえます。

もらえるマイルも日本からアメリカまでビジネスクラスで1人がフライトするには十分なマイル数になります。


トラベルパッケージはオンラインでは利用できません。電話をかける必要があります。

ホテル特典は12ヶ月間有効ですが、マリオットリワードのカスタマーサービスに連絡することで、1回はさらに12ヶ月延長することができます。

同じホテルで7泊ご滞在を希望の方に最適です。

しかし、宿泊は分割できず、他のホテルとの組み合わせも出来ないの短期滞在は向いていません。

ポイントの差額を支払うことで、後でトラベルパッケージを上位のカテゴリーにアップグレードすることができます。

まだ予定が無い場合はカテゴリ1-5のレベルで交換することをお勧めします。

ポイントに関しては宿泊や50,000のマリオットリワードポイントを購入できたり、スターウッドのポイントを購入することが出来ますのでボーナスポイント付き購入キャンペーンでお得にお購入できます。

ただし、それだけでは希望のポイント数までなかなか貯まりませんので基本はスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを使ってポイントをためることになります。


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードについて詳しくはこちらについて詳しくはこちら



ホテルカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数を発表

マリオットリワードとスターウッド ホテルカテゴリーと無料宿泊に必要な必要ポイント数、ポイント&キャッシュの内容を発表しました。

今回はホテルカテゴリーと ホテルカテゴリーにともなう無料宿泊に必要な必要ポイント数、ポイント&キャッシュの内容を記載します。


ホテルカテゴリーに関してはホテルの数が膨大なため、より良く把握するためにはページにアクセスして国や都市などで検索することが必要になります。

もしくはダウンロードしてエクセルで参照するようにするとわかりやすいかと思います。


ホテルカテゴリーのページはコチラ


マリオットリワードによると、参加ホテルのうち52%のホテルはポイントが増加し、31%ホテルはポイントが少なくなっています。

会員は2019年の前半まで、カテゴリー8のホテルをカテゴリー7のポイント数で宿泊することができます。



ポイント&キャッシュ


マリオットリワードとスターウッド ホテルカテゴリーと必要ポイント数を発表


このポイント&キャッシュはすべてのホテルが常時対応しているわけではありませんが、少ないポイントを活用するには適しています。

またポイント&キャッシュは実際には利用するたびにポイントを購入しているようなものになります。


ポイントによる無料宿泊


マリオットリワードとスターウッド ホテルカテゴリーと必要ポイント数を発表1


スターウッドの無料宿泊と比較すると、オフピークを含めて概ねポイント数は減少するようです。


ホテルカテゴリーの変化がどのようなものであるかはリストを検証する必要があります。

ホテルカテゴリーがそのままであれば、無料宿泊に必要なポイント数は現状より少なくなる傾向になりますが、これはホテルカテゴリーが変わることによって基準が変わります。

今回は維持されていても来年にはどうなるかわかりませんので、長期的に見ていく必要があります。








コメント
非公開コメント

こちらのサイトは

こちらのサイトは、日本語がおかしいというか英語をGoogle翻訳で訳したような文章ですが、外人の方が書かれているのでしょうか?それとも海外サイトを翻訳されてるのですか?

2018-07-11 10:41 | from 田村