マリオットリワードがスターウッドでハッキングがあった件で対応ページをアップしました。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

マリオットリワードがスターウッドでハッキングがあった件で対応ページをアップしました。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオットリワードがスターウッドでハッキングがあった件で対応ページをアップしました。

マリオットリワードは、合併したスターウッドで顧客に関する予約などに基づいた様々な情報を含む、データベースの不正アクセスを特定したことを発表しました。

これは合併後に不正アクセスが発生して、それを調べた結果、不正アクセスは2014年から続いており、その間に5億人の顧客情報が流出した可能性があると言うことです。

不正アクセスは2014年に始まり、合併される2018年までに行われました。

このハッキングの影響を受ける予約情報は500,000,000件になると言うことです

予約件数が5億件なので、当然重複した会員の利用もあり、情報が流出した顧客の人数はそれよりもかなり少ないと思います。

ただ、少なく見積もっても世界中で500万人以上の情報がハッキングされたと言われています。

漏洩した情報には、氏名、Eメールアドレス、パスポート情報、生年月日、到着/出発情報が含まれています。

一部の会員に関しては支払いに利用するクレジットカード情報に関しても漏洩していないとは断言できない状態です。

マリオットリワードの今後の対応として、世界中の会員に対して電子メールを先月末から順次配信しています。

昨日そのメールが届きまして、そこから専用ページに行くことが出来ます。


専用ページはこちら


マリオットリワードがスターウッドでハッキングがあった件で対応ページをアップしました。


今後の対応として


専用ウェブサイトとコールセンター

専用のウェブサイトのアップととコールセンターの設立

上記の専用ページになります。

ただし、こういった時は回線が限られるので繋がりにくくなると思います。

電子メール通知

2018年11月30日以降、スターウッドの予約データベースにメールアドレスが記載されている影響を受けたとおもわれる顧客に、電子メールの送信を開始します。

これが今回届いたメールになると思います。

無料WebWatcher登録

マリオットでは、WebWatcherに1年間無料で登録して利用できる事を提供します。

WebWatcherは、個人情報が共有されているインターネットサイトを監視し、消費者の個人情報の証拠が見つかった場合に警告を発します。

規制上の理由などにより、WebWatcherなどの製品はすべての国で利用できるわけではありません。

今回の専用ページを見ると、ダウンロードが見つからないため、日本では対応していないと思います。


発覚したハッキングはマリオットがスターウッドを買収する時期よりも前に行われています。

ホテルチェーンが保有する記録は、膨大な量になりますので今回のようにハッキングに合うと甚大な被害が発生します。

クレジットカードの情報だけではなく、個人情報の宝庫になりますのでターゲットになりやすいと思います。

予約情報が5億人分と言われていますが、顧客の中には1年に何十泊もする方もいますので、人数としては500万人程度と言われています。

過去のハッキング被害を考えても多いのではないかと考えます。







コメント
非公開コメント