今年もホテルの上級会員を目指して(IHGリワードクラブ) - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

今年もホテルの上級会員を目指して(IHGリワードクラブ) - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

今年もホテルの上級会員を目指して(IHGリワードクラブ)

IHGリワードクラブはインターコンチネンタルホテルのような高級ホテルからアメリカではモーテルのような位置づけのホリディインエクスプレスに代表されるリーズナブルなホテルまで世界中の主要地域には必ず加盟しているホテルがあります。

日本でもANAクラウンプラザホテルやホリディインホテルが全国にあり、利便性の高いホテルグループです。

さらに高級ホテルの日本初出店となる「キンプトン東京・新宿」を 2020年初頭に開業すると発表されています。


現在、IHGリワードクラブの会員レベルはアンバサダーのプラチナ会員になります。

今年も同じ会員レベルになります。

この上にはロイヤルアンバサダーとスパイアエリートがあります。

ロイヤルアンバサダーはインターコンチネンタルホテル専用の会員レベルで最上級会員になります。

達成基準が曖昧ではっきりしませんがインターコンチネンタルホテルに宿泊してある一定の基準(50泊程度)を満たした方が招待されてロイヤルアンバサダー会員になることができます。

スパイアエリートはIHGリワードクラブに加盟しているホテルに宿泊する際のエリート会員になるためのポイントが年間75000ポイントが必要です。

スパイアエリートは2015年7月10日に発表されましたので今年で4年目になります。


スパイア エリート1

今までの最上級会員レベルのプラチナエリートとの大きな違いは100%のボーナスマイル。

会員達成したときにもらえる特典があります。

会員達成したときにもらえる特典は

25,000ポイントの獲得かプラチナエリートステータスを贈与することができます。


新しい会員レベルはこちらをご覧ください。




スパイア エリート


IHGリワードクラブの上級会員に関して以前はポイントを購入した場合にも上級会員になるために必要なポイントに加算されていましたので、その時の最上級会員であるプラチナ会員になることは簡単にできました。

IHGリワードクラブのシステムが変更になり、上級会員のレベルも多くなり、上級会員になるためのポイントは宿泊した際のベースポイントに限られるようになったため、上級会員になることは非常に難しくなりました。

しかし、宿泊した際のボーナスポイントも上級会員に必要なポイントになるボーナスポイントパッケージがあります。

このボーナスポイントパッケーの利点は、通常の宿泊した際にもらえる上級会員などのボーナスポイントはIHGリワードクラブの上級会員になるためのポイントには加算されません。

しかし、ボーナスポイントパッケージポイントは、ゴールド、プラチナ、またはスパイアエリートの上級会員になるために必要なポイントに加算されますので、利用すると非常に効率的に上級会員になることが可能になります。

実際に価格の低いホテルに宿泊する際にはボーナスポイントパッケージの価格差はそれほどありませんので、ポイント数を考えるとお得なプランになります。


IHGリワードクラブの利点はポイントが非常に溜まりやすいのとポイントブレイクで5000ポイントで宿泊できたりと他のホテルプログラムと比較してお得な内容になっています。

昨年の実績ではサブ的に使用して有料やポイントでの宿泊が20泊程度(その他にポイントブレイクなどで3日間ほど宿泊)しました。

昨年は個別に設定されるボーナスポイントキャンペーンに合わせての宿泊が少なく、キャンペーンでもらったポイントはほとんどありません。

今年の会員レベルもとりあえずアンバサダーのプラチナ会員を維持していきます。

エリートポイントも加算される5000ボーナスポイントパッケージなどで効率的に宿泊をするとスパイアエリート会員になれるかもしれませんがプラチナアンバサダー会員でも現状で十分にお得な内容になります。

IHGリワードクラブでは定期的にポイント購入キャンペーンを行っています。

100%のボーナスポイントキャンペーンなどはお得な内容ですが、ポイントを利用する機会が少なくなりましたので昨年は1度も購入していません。

今年はマリオットリワードの宿泊が少なくなった場合にIHGリワードクラブの利用が増えると思います。

その場合はスパイアエリートを達成することが出来ると思います。

一度スパイアエリートを達成するとインターコンチネンタルアンバサダーを更新する限り、今のところ宿泊がなくても維持できるようなので、それも視野に入れて考えたいと思います。










コメント
非公開コメント