アメリカの空港での保安検査について - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

アメリカの空港での保安検査について - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

アメリカの空港での保安検査について

ロサンゼルスから帰国する際には空港周辺のホテルに前泊して、日本の航空会社では3時間30分前に、アメリカ系の航空会社の場合には、それよりも前に空港に向かいます。

毎月のようにアメリカに行っていますが、帰りの便に搭乗するために空港でチェックインを済ませて向かうのが保管検査になります。

この保安検査の方法が毎月違っています。

ロサンゼルス空港などの保安検査はいつも非常に混雑しています。

何列も使って持ち物検査やゲートやスキャナーを通しての身体チェックなどを行っています。







保安検査に向かう前に係員に誘導されて、出国のための手続きを行います。

ここまでは、いつも同じです。

その後、荷物をトレイに載せて上着を脱ぎ、ベルトを外し、何も持たないで身体検査に向かいます。

この流れは同じです。

毎回違うのはトレイに乗せる手荷物についてです。

あるときはパソコンやタブレットを出すように言われ、あるときは出す必要が無いと言われます。

混雑によって違うかというと、そういう事もありません。

もちろんそれ以外のペットボトルや液体類に関しては厳しくチェックされることに変わりはありません。

パソコンやタブレットに関してだけは毎回違います。

係の人も大声でパソコンはそのままか、別のトレイに乗せるのかを言っていますので、混乱はありません。

しかし、こんなにコロコロ変わるものなのかと不思議ではあります。

世界的にテロが多いときと比較して、チェック事態は簡約化されつつあります。

その当時は乗り換えで3時間ではまったく足りない状態でした。

今はそのようなこともないので、アメリカでの乗り換えも楽になってきています。

このまま、何もなく保安検査はさっさと済ませてラウンジなり、レストランでゆっくり時間を過ごしてフライトの搭乗まで待てれば良いと思います。




コメント
非公開コメント