FC2ブログ

ウィンダムリワードは2019年4月3日にプログラム変更しました。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ウィンダムリワードは2019年4月3日にプログラム変更しました。

ウィンダムリワードは日本ではそれほど利用している方も少ないホテルプログラムになります。

しかし、アメリカでの評価は高くホテルプログラムの中でも満足度は上位になります。

そのウィンダムリワードのプログラム内容が2019年4月3日にプログラム変更しました。

スポンサーリンク


ウィンダムリワードは、数年前にポイントによる無料宿泊に必要なポイント数を変更し、すべてのホテルを1泊15,000ポイントで利用できるようにしました。

今回の変更は7,500ポイントと30,000ポイントの2つの追加のポイント数が導入されます。

これは4月3日に変更しました。


それに合わせて買収したラキンタインもリワードに参加します。

ラキンタイン&スイーツ、ラキンタインはアメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、ホンジュラス、コロンビアのLQホテルのブランドで900軒のホテルを近くに運営しています。

したがって、ウィンダムは、中間層やそれよりも上のクラスのホテルブランドとホテルの展開を強化するために、今回の参加で900軒以上のホテルが増えることになります。

ウィンダムリワードは、わずか7,500ポイント(もとの15、000ポイントの半分のポイント)で宿泊できるのホテルの導入を始め、幅広い新機能を導入する計画です。

ポイントによる無料宿泊の引き換えは、7,500ポイント、15,000ポイント、および30,000ポイントで利用できますができます。

その他にポイント+キャッシュの交換は、それぞれ1,500ポイント+キャッシュ、3,000ポイント+キャッシュ、および6,000ポイント+キャッシュで利​​用できます。

ウィンダムリワードの参加ホテルの約3分の1(約3,000軒のホテル)が、より手頃な価格の7,500ポイントクラスに移行し、約200のホテルが新しい30,000ポイントクラスに移行する予定です。



ウィンダムは、ホテル数おいて世界最大のホテル会社で、世界有数のホテルブランドフランチャイズおよびホテル管理サービスプロバイダーとして、世界的に展開し、75カ国以上に約8,350のホテルと720,100以上の客室を擁しています。

トラベラーズコレクション、ドルチェホテルアンドリゾート、ウィンダムグランドウィンダム・ウィンダム・ホテル、ウィンゲート・バイ・ウィンダム・ホテル、ホーソン・スイーツ・バイ・ウィンダム・ホテル、マイクロテル・イン&スイーツ・バイ・ウィンダム・ホテル、ラマダ・ホテル、ベイモントInn&Suites、DaysInn、Super8、HowardJohnson、AmericInn、トラベロッジとナイツイン。WyndhamRewardsプログラムは、米国ニュースとワールドレポートが過去3年間で最高のホテル報酬プログラムと名付けたプログラムで、会員数は5,300万人を超え、世界中の30,000以上のホテル、コンドミニアムおよび住宅でポイントを交換する特典を提供しています。




コメント
非公開コメント