ロサンゼルスのインターコンチネンタルホテルでもリゾートフィーを徴収 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ロサンゼルスのインターコンチネンタルホテルでもリゾートフィーを徴収 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ロサンゼルスのインターコンチネンタルホテルでもリゾートフィーを徴収

ホテルを予約するときに、価格が安いと思ってWeb上で手続きを進めていると予約作業の終わりにリゾート料金が必要なことがわかり、大きな衝撃を受けることがあります。

ハワイやラスベガスなどでは一般的になりつつあるリゾートフィーですがニューヨークなどでも徴収するホテルが増えています。

今回はロサンゼルスのダウンタウンにあるインターコンチネンタルホテルでもリゾートフィー(リゾートではありませんが)が徴収されています。

金額は一泊25ドルの追加になります。



リゾートフィーは1泊あたりの料金に含まれる標準の追加料金です。

残念ながら、予約の際にこれらの料金を加算するホテルが増えています。

リゾートフィーの詳細は、ホテルでのジムへのアクセス、プールへのアクセスとタオル、Wi-Fi、市内通話、さらには室内でのコーヒーのようなものを提供すると言われています。

場所によっては駐車料金などが含まれる場合があります。

インターコンチネンタルホテル LA Downtownの場合、25ドルの手数料で、Attitude Fitness(ジム)、Spire 73(ホテルの屋上バー)、Wi-Fi、市内通話、デジタル新聞、および最大24時間の荷物預かりを利用できます。

ご覧頂けるとわかるように、宿泊の際に利用し方も多いと思います。

ハワイなどでは駐車料金も含んで1日35ドル程度の徴収がされますが、レンタカーを利用しない方にとってはほとんど無駄になります。

リゾートフィーは一見すると予約一覧での宿泊料金が安いと感じる原因になります。

そして、最終段階までリゾートフィーがつくかわからない状態になります。

ハワイやラスベガスはリゾートフィーがつくことが、当たり前のようになっていますがニューヨークやロサンゼルスなどは、まだほとんどのホテルがリゾートフィーを徴収していません。

ホテルを検索したときに、その状態でリゾートフィーを含む宿泊料金の表示にしてもらった方が混乱せずに済みます。



コメント
非公開コメント