10月からホテルの部屋にある冷蔵庫の飲み物は8%?10%? - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

10月からホテルの部屋にある冷蔵庫の飲み物は8%?10%? - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

10月からホテルの部屋にある冷蔵庫の飲み物は8%?10%?

10月には消費税が8%から10%に上がります。

消費税の導入に関しては、現金以外の取引でポイント還元の対象店舗があったり、消費する形態によって消費税が10%になったり、8%になったりと前回の消費税増税時と比較してもわかりずらい状況になっています。

その中でホテルを利用した時に今回の消費税増税がどのように影響するかを調べてみました。



その前に軽減税率について

10月からの「軽減税率制度」は、特定の品目や消費形態に対して消費税を低く設定する制度になります。

本来は消費税が8%から10%へと増税されるのに伴い低所得者への負担が増加することに対して制定されたもので、軽減税率の対象となる商品や消費形態に対しては、消費税が10%に増税されたあとも8%の税率になります。

ホテルで考えると

基本的にホテや旅館で食事をするときに食事付きの料金プランには10%の消費税が適用されます。

食事つきプランではないが、ホテルなどの館内レストランでの飲食をした場合は外食となり10%の消費税になります。

またルームサービスについてもテイクアウトではなく外食扱いになり、軽減税率の対象とならず10%が適用されます。

ただ、客室に備え付けられた冷蔵庫のアルコール以外の飲料を販売する場合は、軽減税率の対象となり8%となるようです。

またホテルのラウンジでコーヒーを飲んだ後にテイクアウトでケーキを注文すると10%の消費税と8%の消費税が混在することになります。

また、部屋にあるにある飲み物が無くなり、追加で注文すると8%のままですが、同じ商品をルームサービスで注文すると10%の消費税になります。

ホテルを利用してPayPayなどのバーコード決済に対応しているホテルに今まで宿泊したことがないので、現状どれだけ普及しているかわかりませんが、クレジットカードを利用した場合にポイント還元になる申請をしているホテルはたくさんあると思います。

10月の消費税増税に伴って、しばらくは混乱が続きそうです。





コメント
非公開コメント