カリフォルニア州がホテルの使い捨てアメニティを正式に禁止 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

カリフォルニア州がホテルの使い捨てアメニティを正式に禁止 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

カリフォルニア州がホテルの使い捨てアメニティを正式に禁止

世界的にも意識が高まっているゴミの問題。

マリオットやIHGリワードクラブでは、ホテルのシャンプーなどの使い捨てアメニティーを廃止し、ボトルタイプの据え置き型に移行しています。

今回アメリカのカリフォルニア州でホテルの使い捨てアメニティを正式に禁止する法律が設定されました。



2023年から、カリフォルニアのホテルは、ミニボトルのアメニティをホテルの部屋に設置することに対して、最大2,000ドルの罰金を支払う必要があります。

10月9日水曜日に法律を調印し、2023年に50室以上のホテルのホテルを対象に、

2024年までに50室未満のブティックホテルで施行されます。

内容はホテル、モーテル、リゾート、ベッド&ブレックファースト、およびバケーションレンタルが12オンス未満の小さな使い捨てボトルを複数の人が使用できるバルクディスペンサーに置き換えることになります。

現在、生産されるプラスチックの量は際限なく増加しているため、アメリカではプラスチックを削減するために空港でのペットボトル販売の禁止や、ストローを紙製にする、使い捨ての食器のフードコートで提供を禁止するなど、様々な取り組みを行っています。
こういったことは、個々のレベルでは問題に見えないかもしれませんが、企業が使っている今回のミニボトルなどは無視できない問題になっています。

多くの大規模ホテルチェーンは、プラスチック廃棄物を削減し、より環境に優しいプログラムをすでに導入しています。

マリオットは、450の施設にバルクディスペンサーを設置する計画を発表しました。

同社は、毎年世界中で約113,000ポンドのプラスチックを節約できると推定しています。

ニューヨーク州も、シングルユースホテルのアメニティの同様の禁止を検討しています。

1年前には考えられないほどカリフォルニア州でのプラスチックに対する意識は高まっています。

それまではフードコートなどで大量に発生するゴミを見て、よく問題にならないなと感じていましたが、今後はアメリカのほかの州でも同じ流れになっていくと思います。

そうなると日本でも同様の流れになります。

ホテルの取り組みとしては連泊するときに部屋の掃除を必要ない方はしないプログラムもあります。

こちらも、宿泊料金にきちんと反映するようになれば利用する方も増えていくと思います。





コメント
非公開コメント