IHGリワードクラブでポイントを滞在以外にも使えるようになります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワードクラブでポイントを滞在以外にも使えるようになります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブでポイントを滞在以外にも使えるようになります。

IHGリワードクラブは、Pay with Pointと呼ばれる新しいプログラムを試験運用しています。

Pay with Pointは、IHGリワードクラブの会員がポイントを使用して、バーなどの飲食やスパのトリートメントなどの料金を支払うことができます。

今はテスト段階ですが、対象ホテルを順次拡大していくようです。

仕組みは次のとおりです。
まず、IHGリワードクラブのスマートフォンアプリでホテルを選択してします。

次に、ポイントの交換を選択できるウィンドウが表示されます。

アプリから、使用するバウチャーを作成します。

IHGリワードクラブの発表では、スマートフォンのアプリのほかに部屋のTV(IHG Studio経由)またはモバイルサイトを使用して、部屋に滞在している時にポイントを交換することができます。

現在、客室内のIHGスタジオの実験は、2つのIHG施設(ラビニアのクラウンプラザアトランタとホテルインディゴアレクサンドリア)で行っています。

モバイルサイトの試験運行は、InterContinental Barclay New Yorkで行っています。

インターコンチネンタルバックヘッドやホリデイインアトランタエアポートサウスなどのアトランタのホテルは、今後数週間のうちに試験運行を行う予定です。

IHGリワードクラブの会員はポイントで部屋代を支払うことができるほかに、様々なポイントの利用方法があります。

今回のプログラムも新しい取り組みで、試験運行をして徐々に対象ホテルを増やしていくと思います。

IHGリワードクラブのポイントは無料宿泊に利用することが一般的ですが、その他にも魅力的なつか方があります。

無料宿泊に利用する際のポイントの価値が、対象のホテルにより若干上下しますが1ポイントが50円の価値があります。

IHGリワードクラブのポイント価値を最大化する方法はまだたくさんあります。

ポイント償還オプションについて慎重に検討することが重要です。

航空会社のマイルに移行する(キャンペーンを利用して35%のボーナスマイル付きの時など)、体験型のイベントに参加する、そしてポイントブレイクで少ないポイントで宿泊するなどの方法があります。

IHGリワードクラブのポイントを利用するには、ニューヨークのマンハッタンにあるインターコンチネンタルタイムズスクエアなどの高級ホテルを70,000ポイント利用するなど、場所とホテルによってはいくつかの素晴らしい方法があります。
コメント
非公開コメント