2019年 国内ホテル宿泊客満足度調査の結果 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

2019年 国内ホテル宿泊客満足度調査の結果 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

2019年 国内ホテル宿泊客満足度調査の結果

毎年行われているJ.D. パワー ジャパンのホテル宿泊客満足度調査ですが、2019年ホテル宿泊客満足度調査の結果を発表しました。

J.D. パワー ジャパンは国際的なCS(顧客満足度)調査・コンサルティング会社になります。

今回の2019年の結果と2018年のランキングを比較したいと思います。





調査内容は日本全国のホテルグループ・チェーン107ブランドを対象に調査を行っています。

昨年から今年にかけて1年間に宿泊したホテルでのサービスに対する満足度を、予約、チェックイン・チェックアウト、客室、料飲(F&B)、ホテルサービス、ホテル施設、料金の7つのカテゴリに分けてランキングにしています。

ランキングは価格帯に分けています。


【1泊35000円以上(ランキング対象10ブランド)】

第1位ザ・リッツカールトン (807ポイント) 客室、ホテル施設、F&、ホテルサービスの4ファクターでトップ評価

第2位帝国ホテル (802ポイント)

第3位インターコンチネンタルホテル、マリオットホテル (760ポイント)


2018年は

【1泊35,000円以上部門】(12ブランド対象)

 第1位:帝国ホテル(814ポイント):3年連続の第1位。「客室」「チェックイン/チェックアウト」   「飲料(F&B)」「料金」「ホテルサービス」で当部門のトップ評価。

 第2位:星のや(809ポイント):「ホテル施設」「飲料(F&B)」で当部門のトップ評価

 第3位:ザ・リッツ・カールトン(803ポイント)

 *「飲料(F&B)」は帝国ホテル、星のやが同率で当部門のトップ評価


【1泊15000-35000円未満(ランキング対象27ブランド)】

第1位ロイヤルパークホテルズ (761ポイント) 客室、ホテル施設、F&B、料金の4ファクターでトップ評価

第2位ホテル日航 (751ポイント)

第3位ラビスタ (743ポイント)


2018年は

【1泊15,000円~35,000円未満部門】(28ブランド対象)

 第1位:ホテル アソシア(746ポイント):「客室」「ホテル施設」「チェックイン/チェックアウト」で当部門のトップ評価

 第2位:ヒルトン(736ポイント)

 第3位:三井ガーデンホテル(734ポイント、同率):「料金」「ホテルサービス」で当部門のトップ評価

     リゾナーレ(734ポイント、同率):「飲料(F&B)」で当部門のトップ評価


【1泊9000-15000円未満(ランキング対象19ブランド)】

第1位ベッセルホテルズ (722ポイント) 料金でトップ評価

第2位リッチモンドホテル (717ポイント)

第3位カンデオホテルズ (715ポイント)


2018年は

【1泊9,000円~15,000円未満部門】(15ブランド対象)

第1位:リッチモンドホテル(722ポイント):「客室」「チェックイン/チェックアウト」で当部門のトップ評価

第2位:ベッセルホテル/ベッセルイン(717ポイント):「料金」で当部門のトップ評価

第3位:JR九州ホテル(716ポイント):「ホテル施設」で当部門のトップ評価


【1泊9000円未満(ランキング対象19ブランド)】

第1位スーパーホテル (703ポイント) 6年連続の総合満足度第1位。チェックイン・チェックアウト、ホテルサービス、予約」の3ファクターでトップ評価

第2位ホテル法華クラブ (696ポイント)

第3位ヴィアインホテル (681ポイント)

2018年は

【1泊9,000円未満部門】(対象19ブランド)

第1位:スーパーホテル(700ポイント):5年連続の第1位。「チェックイン/チェックアウト」で当部門のトップ評価

第2位:アークホテル(697ポイント):「客室」「ホテル施設」「朝食」「ホテルサービス」で当部門のトップ評価

第3位:ホテル 法華クラブ(686ポイント)


1年の違いで、順位が入れ替わっています。


2018年にはベスト3に入っていたホテルで今年3位以下になっているホテルもありますが、相変わらず上位にはなっているようです。

リッツ・カールトンやマリオット、インターコンチネンタルホテルなど複数あるチェーンホテルの中に帝国ホテルがあるのは非常に目立ちます。

今回の調査がホテル単体の調査であれば、2018年に引き続き1位になっているようにも思います。






コメント
非公開コメント