深夜便などで出発が遅い場合の過ごし方 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

深夜便などで出発が遅い場合の過ごし方 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

深夜便などで出発が遅い場合の過ごし方

シンガポールやロサンゼルスなど日本向けに深夜便のフライトがある場合、出発まで観光やショッピングをすることが一般的な過ごし方になると思います。

しかし、そのような予定や時間がない場合、または疲れている場合などに早めに空港に行ってチェックインができれば航空会社のラウンジやプライオリティパスを使って対応するラウンジで休むこともできます。

しかし、その空港を拠点としている航空会社を除い、他の航空会社は出発の3時間前からチェックインが始まりますので、例えば夜中の24時を過ぎるロサンゼルス空港の場合はANAのチェックイン時間は21時頃になります。

ホテルの上級会員はチェックアウト後にラウンジアクセスなどの特典を利用する事ができるので、それを利用すると快適に過ごすことができます。


クラブラウンジがあるホテルでは通常、上級会員が仕事をしたり、空港に出かけるまでカクテルアワーを楽しんだりすることができます(ただし例外もあります)。

クラブラウンジがないホテルでも、フィットネスセンター、バー/レストラン、ビジネスセンターがあり、フィットネスセンターにシャワーが併設されている場合は利用する事もできます。

仕事でロサンゼルスに滞在してANAの深夜便で帰国する場合には、前述のように、実際にクラブラウンジを運営しているホテルに宿泊している時はラウンジへのチェックアウト後のアクセスに関して特に問題はありませんでした。

ホテルによりますので、全てのホテルで同じ対応ではないと思います。

しかし、確認したところ問題ないというホテルも多く、中には利用できないというホテルもありましたがそれは少数のホテルです。

基本的にホテルの上級会員はレイトチェックアウトで16:00頃まで部屋を利用できます。

ルームキーはチェックアウト後には部屋には入れないようになりますが、その他の施設は1日単位で設定されているせいか普通にアクセスできます。

ロサンゼルスの場合には24時頃の出発になり、チェックインは21時くらいから始まります。

16:00にチェックアウトしても5時間ほどありますのでその間にフィットネスで運動をしたり、ラウンジのカクテルタイムでお酒と軽食を利用したり、十分な時間があります。

もちろん普通の観光でロサンゼルスに滞在する方は、そんな時間があれば観光やショッピングに行かれると思いますが仕事で何度もロサンゼルスに行っていると特にすることがなく、荷物をチェックアウト後にクロークに預けてラウンジを利用できると飲み物や軽食もあり、ネットも使えて重宝します。

その際にはできれば空港周辺のホテルに前泊をしていると、ゆっくり過ごすことができると思います。

他の地域では昼過ぎまでの出発便が多いため、利用する必要はありません。

1点、注意点としてチェックインの時にレイトチェックアウトのことを伝えて問題ないといわれても、だいたい翌日の12時頃にはルームキーが使えなくなります。

これはほとんどのホテルで同じ体験をしますので、その際にはフロントに言ってカードキーを更新してもらいます。

このようなことは日本ではほとんど経験したことがありません。

しかし、アメリカでは一般的なことなのかもしれません。


コメント
非公開コメント