ホテルチェーンを選ぶ方法 マリオットボンボイ - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ホテルチェーンを選ぶ方法 マリオットボンボイ - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ホテルチェーンを選ぶ方法 マリオットボンボイ

ここ数年のホテル業界の中で、世界的な大手ホテルチェーンは統合や提携を繰り返し、規模の拡大を目指しています。

年々変わっていくホテルプログラムではプログラム全体の把握や、会員がホテルでポイントをためて効率的にそのポイントを使うためには、良くプログラムの内容をわかっている必要があります。

今回はマリオットを考えてみたいと思います。
マリオット


スターウッドホテルズアンドリゾーツとの統合により、131カ国に7,000軒以上のホテルを展開し、マリオットは世界最大のホテル会社を作りました。

マリオットのブランドはハイエンドのザ・リッツ・カールトンとセントレジスから、中間層のウェスティンとシェラトン、からアロフト、モクシー、フォーポイントまで、30のブランドを展開しています。

ポイントの獲得:

マリオットボンボイの会員は、ほとんどのホテルで1ドルあたり10ポイントを獲得します(エレメント、レジデンスイン、タウンプレイススイーツでの滞在は5ポイント、他の特定の滞在は1ドルにつき2.5ポイント)。

ポイントの有効期間は、ポイントに増減がない場合に24か月後に失効します。

ポイントの交換:

マリオットボンボイは、ピーク時とオフピーク時のポイント設定で、無料宿泊をダイナミックな設定になりました。

8つのカテゴリに分かれていて、ホテルの無料宿泊を利用する場合には、1泊あたり5,000〜100,000ポイントが必要になります。

マリオットはまた、1,500ポイント+55ドルから57,500ポイント+440ドルまでの現金とポイントを併用して滞在できる方法もあり、それを活用することによって、少ないポイントでも活用できるようになっています。

クレジットカード


マリオットBonvoy提携のクレジットカードは現在、アメリカンエキスプレスで発行されています。

入会時にもボーナスポイントの給付を行っていて、最初の3ヶ月で一定の金額を利用した場合に3万ポイントを提供しています。

毎年最大50000ポイントの無料の滞在で利用できるポイントがカード更新時に付属しています。

毎年5泊の自動エリートクレジットにより、上級会員になるための資格が通常よりも少ない回数でクリアできます。

さらに自動的にゴールドステータスが付与されます。


まとめ

マリオットの巨大なグローバル展開、多様なブランド、優れたクレジットカードを考えると、多くの多様性と柔軟性が必要な旅行者に最適なホテルチェーンです。

今では、どこに行ってもマリオット系列のホテルは多く、価格帯もホテルのブランドや立地も自由に選択することができます。

そういった意味ではメインかサブに利用するホテルの候補に関して最有力なホテルチェーンになります。




コメント
非公開コメント