アメリカン航空AAdvantageは、3つのホテルチェーンとの提携を解消します - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

アメリカン航空AAdvantageは、3つのホテルチェーンとの提携を解消します - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

アメリカン航空AAdvantageは、3つのホテルチェーンとの提携を解消します

ホテルポイントを頻繁にアメリカン航空のAAマイルに変換したり、滞在時にアメリカン航空のマイルに積算することができましたが、それについて悪いニュースがあります。

2020年4月1日から、アメリカン航空のAAdvantage会員は、ヒルトンオナーズ、ベストウエスタン、またはチョイスホテルズで、滞在時にAAdvantageマイルを獲得したり、ホテルポイントをAAdvantageマイルに交換することができなくなります。

ポイントをアメリカン航空のマイルに移行できる期限は2020年3月31日までになります。



現状では、ヒルトンオナーズの場合10,000ヒルトン・オナーズ・ポイントをアメリカン航空に移行した場合、1,500 AAdvantageマイルになります。

チョイスホテルの場合は5,000 Choice Privilegesポイントを移行すると、1,000 AAdvantageマイルになり、ベストウエスタンポイントの場合は交換比率5:1の比率でアメリカン航空のマイルに移行できます。

今回発表されたのは上記3つのホテルプログラムになり、マリオットボンボイやワールドオブハイアットを含む他のアメリカン航空のマイルをホテル利用によって獲得したい場合は、パートナーシップがまだそのままであり、これらのホテルで滞在時にマイルを獲得したり、ホテルのポイントをマイルに移行することができます。

マリオットでは、JWマリオットを含む一部の施設で1ドルにつき2マイル、レジデンスインを含む他の施設で1ドルにつき1マイルを獲得できます。

ハイアットのホテルに宿泊する際には500マイルを獲得できます。

現在、ワールドオブハイアットのポイントをアメリカン航空に移行する場合の変換レートはに2:1の割合で移行し、マリオットボンボイポイントは3:1の割合で移行します。

マリオットの場合には1回の移行で60,000 マリオットボンボイポイントごとに、さらに5,000 AAdvantageマイルを獲得することができます。


最も有利なホテルポイントから航空会社のマイルへの移行は マリオットボンボイになりますが、多くの航空会社はホテルポイントを航空会社のマイルに移行できるホテルロイヤリティプログラムと提携しています。

必ずしもホテルポイントを航空会社のマイルに移行することはお得ではありませんが、使用できない中途半端なホテルポイントを整理したり、使わなくなったホテルプロフラムのポイントは無駄になりますので、そういった場合には航空会社のマイルに移行できることは役に立ちます。

今回はアメリカン航空だけであり、対象も3つのホテルプログラムだけになっています。

影響は限定的なので、影響を受ける方は少ないと思います。







コメント
非公開コメント