ウィンダムリワードの無料宿泊のポイント数が変更なりました - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ウィンダムリワードの無料宿泊のポイント数が変更なりました - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ウィンダムリワードの無料宿泊のポイント数が変更なりました

ウィンダムリワードは、2月11日に一部のホテルを異なるポイント交換に関するホテルカテゴリーに移行しました。

ウィンダムリワードのポイントを使った無料宿泊で今後のポイント数が上昇または低下する場合があります。

ウィンダムリワードはウィンダムオールインクルーシブホテルでポイントを獲得および交換する機能など、多数の変更を行っていますが、今回の変更もその一環です。

ウィンダムリワードは日本ではあまり認知がありませんが、アメリカではホテルプログラムの中でも上位の顧客満足度の高いプログラムになります。



ウィンダムリワードは最もわかりやすいホテルロイヤルティプログラムの 1つになります。

変動制や多岐にわたるホテルカテゴリ、ピーク/オフピークの設定はありません。

無料宿泊のポイント数で見ると、3つのカテゴリのみになります。

ティア1 – 7,500ポイント(または1,500ポイント+キャッシュ)

ティア2 – 15,000ポイント(または3,000ポイント+キャッシュ)

ティア3 – 30,000ポイント(または6,000ポイント+キャッシュ)

今回の変更については次のとおりです。

ウィンダムリワードに参加しているホテルの91%は変わりません

ほとんどのホテル(500軒未満)は安くなります

300軒を超えるホテルがより高価になります

約220のホテルが7,500ポイントから15,000ポイントに移動します。

約80のホテルが30,000ポイントに移動します。

今回の変更でホテル毎のリストは発表されていません。

変更後に、実際のポイント予約でポイント数が表示されます。

前から利用しているホテルで無ければ変更しているかわかりません。

多くのホテルチェーンと同様に、ウィンダムリワードは年に1回、少数のホテルカテゴリを変更する予定です。

昨年に行われたウィンダムリワードの変更もこの時期に行われました。

ウィンダムリワードは、高級ホテルがありません。

参加しているホテルの多くは、デイズイン、マイクロテルイン&スイーツ、スーパー8、トラベロッジなどの格安ブランドです。

IHGリワードクラブで考えるとホリデイ・インホテルやホリデイ・イン エキスプレスなどに相当します。

なのでホテル代を節約するには最適なホテルプログラムです。

ウィンダムリワードには魅力的なポイントの利用方法がいくつかあります。

ポイントを使用して、ウィンダムグランドオーランドリゾートボネットクリークなどのファミリー向けホテルや、ウィンダムニューヨークシティタイムズスクエアサウスなどに少ないポイント数で予約することができます。

一方で日本の会員にとってウィンダムリワードの欠点は、日本での展開が少ないことと、ポイントを獲得するためのクレジットカードやポイント移行できる対象がほとんど無いことです。

ウィンダムリワードは、ホテル数おいて世界最大級のホテル会社で、世界有数のホテルブランドフランチャイズとして、世界的に展開し、75カ国以上に約8,350のホテルと720,100以上の客室を擁しています。

トラベラーズコレクション、ドルチェホテルアンドリゾート、ウィンダムグランドウィンダム・ウィンダム・ホテル、ウィンゲート・バイ・ウィンダム・ホテル、ホーソン・スイーツ・バイ・ウィンダム・ホテル、マイクロテル・イン&スイーツ・バイ・ウィンダム・ホテル、ラマダ・ホテル、ベイモントInn&Suites、DaysInn、Super8、HowardJohnson、AmericInn、トラベロッジとナイツイン。WyndhamRewardsプログラムは、米国ニュースとワールドレポートが過去3年間で最高のホテル報酬プログラムと名付けたプログラムで、会員数は5,300万人を超え、世界中の30,000以上のホテル、コンドミニアムおよび住宅でポイントを交換する特典を提供しています。

コメント
非公開コメント