新型コロナウイルスでマリオット・ボンボイが中華圏会員向けの上級会員会員資格とポイント有効期限延長を発表 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

新型コロナウイルスでマリオット・ボンボイが中華圏会員向けの上級会員会員資格とポイント有効期限延長を発表 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

新型コロナウイルスでマリオット・ボンボイが中華圏会員向けの上級会員会員資格とポイント有効期限延長を発表

マリオット・ボンボイは、中華圏(本土、マカオ、香港、台湾)の会員向けにアカウントに関する告知を行いました。

中国本土、マカオ、香港、台湾などの中華圏に住所のある会員は(2020年2月1日までにアカウントが登録された会員)上級会員期間の延長と、ポイントの有効期限が延長になります。


1.中国本土、香港特別行政区、マカオ特別行政区、台湾のマリオット上級会員の有効期間は、12か月間自動的に延長されます。
2019年2月から2022年2月まで延長されます。

2. 会員が年間特典オプションで受け取る会員滞在特典は、2020年12月31日まで有効であり、有効期間は2021年12月31日まで自動的に延長されます。

スイート宿泊特典の引き換えを申請したが宿泊施設を完了していない場合は、カスタマーサービスセンターに電話して元の予約をキャンセルすることができます。

スイート宿泊アワードはメンバーアカウントに戻りますので、再度予約時に利用することができます。

会員が年間特権オプションまたはプロモーションを通じて受け取った無料宿泊特典が2020年に期限切れになる場合、有効期間はこれに基づいて12か月間自動的に延長されます。

3. 中国本土、香港特別行政区、マカオ特別行政区、および台湾の会員アカウントのポイントについては、ポイントの有効期限が2021年2月より前である場合、ポイントを有効にするためにポイントの有効期間が延長されます。

2021年2月から、24か月連続でメンバーアカウントのポイント増減がない会員の場合、、標準のプログラム条件に従って再適用されます。
アカウントの上級会員延長やポイントの延長は自動的に行われます。


ワールドオブハイアット、IHGリワードクラブ、およびヒルトンオナーズは、中華圏の会員向けに上級会員の期間延長とポイントに関する延長を発表しています。

対象はワールドオブハイアットがアジア太平洋全域、IHGリワードクラブとヒルトンオナーズが今回のマリオットと同じ中華圏の会員に限定しています。

しかし、感染者が日々増加している日本を含めた他の国に関しては、今後の状況次第で順次同じような処置が拡大していく可能性は大きいと思います。

コメント
非公開コメント