新型コロナウィルスによるベストウェスタンリワードの対応 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

新型コロナウィルスによるベストウェスタンリワードの対応 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

新型コロナウィルスによるベストウェスタンリワードの対応

ベストウエスタンリワードは、新型コロナウイルスの大流行により、上級会員に対してステータス期間延長を発表しました。

ワールドオブハイアットを始めヒルトンオナーズ、IHGリワードクラブ、マリオット、シャングリ・ラ ホテル、アコーに続いての発表になります。


ベストウェスタンリワードの上級会員は、2019年の宿泊に関して、規定に満たなかった上級会員に対しても、そして、基準をクリアした会員に対しても、2021年1月31日までその上級会員が維持されると発表しました。

今回の対象は中華圏や韓国などの限定したものではなく、世界中の会員が対象になります。

また新型コロナウィルスの流行前になる2019年の滞在日数が足りない上級会員に対しても同じ対応になります。


すでに発表しているアックホテルチェーンのかでは、初めて世界中の会員を対象にした対応になります。

今まではワールドオブハイアットやシャングリ・ラ ホテルに見られるアジアを対象としたものか、ヒルトンオナーズ、IHGリワードクラブ、マリオットのように中華圏を対象としたものかに分かれていましたが、韓国やイタリア、トルコなどの地域でも流行し、日本もその対象に入りつつある現状では、地域を限定した対策は意味のないものになってきています。

そう考えると、今回のベストウェスタンリワードの上級会員に対する対策は、後発の分だけ現状に合っている対応になります。



コメント
非公開コメント