IHGリワードクラブが2020年の上級会員資格基準を改訂 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワードクラブが2020年の上級会員資格基準を改訂 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブが2020年の上級会員資格基準を改訂

IHGリワードクラブは、2020年の上級会員資格の変更を発表しました。

また中華圏の会員には、別の対策があります。

IHGリワードクラブの今年の上級会員資格の基準は、新型コロナウィルスの影響による旅行の減少により、通常よりも25%から30%少ない基準で上級会員になれます。
IHGリワードクラブの上級会員とインターコンチネンタル アンバサダー会員の期間延長

IHGリワードクラブは、3月11日にIHGリワードクラブに参加しているすべてのホテルで2020年4月30日までに世界中の新規および既存の予約のキャンセル料をすべて免除すると発表しました。

また、IHGリワードクラブは、エリートステータス基準を更新すると発表しました。


IHGリワードクラブ2020年上級会員基準



今年必要な上級会員基準(宿泊またはポイント)を25%以上削減しています。

これにより2020年の上級会員の基準は通常と比較して約70%で達成でいるようになっています。

2020年2月17日時点でアカウントが中国本土、香港、マカオ、および台湾にあったメンバーの現在のメンバーシップが2021年12月31日まで延長されることも発表しました。

IHGリワードクラブのポイントは12月31日まで延長されます。

2019年の最初の6か月間にインターコンチネンタルアンバサダーを購入した会員は、中断に対応するために有効期限が6か月延長されます。

これには、週末無料券のバウチャーも含まれます。


今後の動向によっては、この基準でも十分な対応にならない可能性はあります。

その場合にはさらに緩和される可能性があります。


コメント
非公開コメント