新型コロナウィルスの影響によるラディソンリワードの対応 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

新型コロナウィルスの影響によるラディソンリワードの対応 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

新型コロナウィルスの影響によるラディソンリワードの対応

アメリカやヨーロッパでの新型コロナウィルスの流行を受けて、アジア以外の地域で活動しているホテルチェーンも対応を迫られています。

ラディソンリワードは上級会員への対応と、ポイントの有効期限に対する対応を発表しました。

ポイントの有効期限は2020年3月1日から6か月延長され、上級会員の期間は2022年2月まで延長されます。
現在、新型コロナウィルスは世界中のホテルや航空会社に影響を与えており、今回、ラディソンリワードでも会員の獲得したポイントを利用できる状態ではないことを考えて、2020年3月1日から6か月のポイント有効期限を延長しています。

また、2021年2月に期限が切れる上級会員については、2022年2月までエリートステータス期限を延長しました。


ポイントの有効期限延長は会員にとっては安心できる対策になります。

しかし、上級会員の有効期限に関しては2022年まで有効と言うことですが、それ以降はまだわからない状態です。

新型コロナウイルスが終息した時期にもよりますが、エリートステータス期限を延長だけではなく、その後の上級会員の資格達成の基準も調整する必要があります。



コメント
非公開コメント