ワールドオブハイアットが上級会員の期間延長地域を拡大 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ワールドオブハイアットが上級会員の期間延長地域を拡大 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールドオブハイアットが上級会員の期間延長地域を拡大

ワールドオブハイアットも新型コロナウィルスの影響で、他のホテルチェーン同様にホテルの一時的な閉鎖や、従業員の削減、上級会員の有効期間の延長、キャンセルの緩和などで対応しています。

その中で上級会員に関しては、大手ホテルチェーンの中では地域を限定していましたが最も早い時期に期間を延長すると発表していました。

今回、その対象地域が拡大します。
ワールドオブハイアットは始めに日本を含むアジア太平洋地域の上級会員向けにワールドオブハイアットの期間を延長すると発表しており、先週からすべてのワールドオブハイアット上級会員を対象に期間を延長することを発表しました。

2020年3月31日現在の上級会員は、2022年2月28日を反映するように更新されます。

無料宿泊やクラブラウンジアクセス特典、スイートのアップグレードなどの特典は、2021年12月31日まで延長されます。

ヒルトンオナーズ、マリオットボンボイ、そして複数の航空会社はすでに同じようにすべての上級会員に期間を延長することを発表しています。

この延長は新型コロナウィルスの影響がなくなった後にホテル利用を促進するために優良顧客である上級会員を確保することが目的になります。

多くの期間延長が1年程度になり、ワールドオブハイアット上級会員の期間延長期間はその中では長い期間を対象としています。

現在の状況を考えると入国禁止や航空機の減少、そして旅行をする状況ではないことから2020年の実績はほとんど発生しないと思います。

1年程度の延長では今年の実績がなくなることを考えるとあまり意味がないのではないかと思います。
そう考えると最低でも2年間の期間延長か、もしくは新型コロナウィルスの影響が収束した後に、上級会員の達成基準を大幅に引き下げる必要があると思います。

コメント
非公開コメント