IHGリワードクラブがポイントによる特典宿泊で変動制を導入か? - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワードクラブがポイントによる特典宿泊で変動制を導入か? - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブがポイントによる特典宿泊で変動制を導入か?

IIHGリワードクラブは、中国のホテルで変動的な特典宿泊ポイントの提供を開始しました。

もともとIHGリワードクラブは2018年に変動制への移行を発表しま、2019年に導入する予定でした。

しかし、変動制への移行はこれまで延期されていました。

この変動制に関して中国のホテルでポイントの変動制の導入を開始したようです。

さらに、IHGリワードクラブではこの変動制を他の国や地域にも拡大していくことになりそうです。
実際のIHGリワードクラブの変動制のポイント設定

実際にホテルのポイントによる滞在時におけるポイント数を調べてみると

最低ポイント数12,500ポイントのホテルが4段階のポイントになり、最大ポイント数は30,000ポイントになっています。

新型コロナウィルスの影響でポイント数が下がっている可能性もありますので、通常のポイント数が12,500ポイントではない可能性があり、そうなると変動制で今よりも少ないポイント数で滞在できる可能性もあります。

今回の対象地域は中華圏になりますので、中国本土、香港、台湾などが対象になります。

実際に調査したホテルでは、17,500ポイントがスタンダートなポイント数になり、そういったホテルも12,500ポイントから30,000ポイントまでのポイント差がありました。



これがIHGリワードクラブの会員に与える影響

傾向として、今のホテルでは最大ポイント30,000ポイントで滞在する日は多くはなく自由に滞在を考えられる方にとってはお得に滞在できる可能性があります。

しかし、休日が暦通りの方は高いポイント数が必要になり、実際にはポイントの価値が低下します。

ポイント数は、需要の少ない日には安く、休日やその他の旅行のピーク時には高くなる場合があります。

まとめ

この内容を考えると、今回のIHGリワードクラブの変動に関しては決して悪い内容ではないようです。

他の変動制を導入しているヒルトンオナーズなどと比較すると、ポイント数の幅は少ないことがわかります。

今回の変動制が導入のためのテストになるのか、そのままの状態で地域が拡大されるのかはIHGリワードクラブから正式な告知がないためわかりません。



コメント
非公開コメント