IHGリワードクラブ 英国政府から資金を獲得 稼働率は20%で推移 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワードクラブ 英国政府から資金を獲得 稼働率は20%で推移 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブ 英国政府から資金を獲得 稼働率は20%で推移

IHGリワードクラブは英国政府から新型コロナウィルスの影響で発生している状況を救済するために6億ポンドを受け取りました。

ヴァージンアトランティック航空に対する資金の提供は難航していますが、IHGリワードクラブには早々に資金提供に応じました。


IHGリワードクラブは世界中の各地域で(ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア)で加盟しているホテルの約50%を閉鎖しています。

アメリカは10%の閉鎖率になります。

ただし、すべてのホテルの稼働率は20%台と非常に引く状態になっています。

この稼働率であれば、営業を停止してきた方が損失が少なくなります。

ホテルの収益の内、宿泊の稼働率だけではなくレストランや会議室、宴会場などの総合で判断するべきものです。

しかし、新型コロナウィルスの影響でレストランなどの飲食も落ち込み、会議も少なく、結婚式を始めイベントはキャンセルが相次いでいます。

イングランド銀行(UKの中央銀行)がIHGリワードクラブなど、国外に主要な事業を展開している大企業に直接資金を提供することは珍しいと思います。

IHGリワードクラブだけではなくマリオットやワールドオブハイアット、ヒルトンオナーズ、アコーなども同じ状態なので資金的に政府からの援助が必要となります。



コメント
非公開コメント