インターコンチネンタル アンバサダー会員の有効期間がさらに3ヶ月延長 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

インターコンチネンタル アンバサダー会員の有効期間がさらに3ヶ月延長 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

インターコンチネンタル アンバサダー会員の有効期間がさらに3ヶ月延長

IHGリワードクラブの有料会員であるインターコンチネンタル アンバサダー会員の有効期間に関してIHGリワードクラブは4月に有効期間を3ヶ月延長する事を発表しました。

アンバサダー会員の有効期間に関しては、それぞれの会員の更新月が違います。

前回のメールでは個別に有効期間が3ヶ月延長になりましたが、さらに3ヶ月延長になります。

IHGリワードクラブ
インターコンチネンタル アンバサダー会員の期間延長

IHGリワードクラブとインターコンチネンタルは、有料のアンバサダープログラムを含むロイヤルティプログラムの再度延長と免除に関する発表を行いました。

それによると

有料(200ドル)のアンバサダー会員の有効期間はさらに3か月の期間延長になります。

前回の延長と合わせると6ヶ月の延長になります。

毎年2月末日に期限が切れるインターコンチネンタル アンバサダー会員の場合は、2020年8月まで延長されることになります。

今のところアカウントには変化はありませんが、近日中に反映されるようです。

アンバサダー会員が年に1回受け取る週末無料宿泊を利用するだけで会費は回収できます。

その週末無料宿泊も6ヶ月の延長になります。

ただし、2020年3月15日以降に登録または更新する会員には、延長は適用されないとのことでしたが、6月更新のアカウントでしたが期間が2021年1月まで延長になっています。


2月頃に中国を対象としたIHGリワードクラブとアンバサダー会員の期間延長に関しては、インターコンチネンタル アンバサダー会員の有効期間および週末の無料宿泊券の有効期限を、2019年1月1日から6月30日までのアンバサダー有効期間に応じて6か月間延期されます。

となっていました。

今回は地域を拡大して、すべての会員が対象になりますが有効期間は6ヶ月の延長になります。

その他、すべてのIHGリワードクラブの上級会員は12か月の期間延長になります。

それと比較して有料のアンバサダー会員の期間延長は6か月になります。

さらに3ヶ月の延長では、今回の新型コロナウィルスの影響が終息する事は考えられないので、不十分な内容になります。

今後、さらに期間を延長するのか、それともそれ以降は更新になるのかは今のところわかりません。






コメント
非公開コメント