マリオットは7月からキャンセルポリシーを変更して制限が多くなります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

マリオットは7月からキャンセルポリシーを変更して制限が多くなります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオットは7月からキャンセルポリシーを変更して制限が多くなります。

新型コロナウィルスの影響で、ホテルや航空会社が予約をするときに状況が変わって変更やキャンセルが必要な場合でも寛大なキャンセル条件によって安心して前払いで支払う環境を整えてきました。

具体的に、ホテルに関してはキャンセルポリシーを緩和し、ゲストがペナルティなしで前払い料金をキャンセルできるようにしています。

条件的にも滞在の24時間前までの変湖やキャンセルに対応します。
今回マリオットからキャンセルポリシーの変更が発表されました。

マリオットは、7月6日から新規予約の変更およびキャンセルポリシーを更新します。

以前は1回延長になった到着の24時間前まで自由にキャンセルや変更を行うことが出来る条件が、より制限の厳しい前払い料金が含まれるようになります。

今回は延長されること無く、変更になるようです。

7月6日以降、9月30日以前の滞在分で前払い以外の予約をした場合、到着の24時間前までは違約金なしで変更またはキャンセルできます。

9月30日以降に到着する前払い以外の予約、および7月6日以降に新たに前払い予約をした会員には、予約時のホテルのキャンセルポリシーが適用されます。

マリオットが独自のキャンセルポリシーを設定することを個々のホテルに任せているため、これがどの程度の影響を与えるかを正確に述べるのは困難です。

7月6日に変更するマリオットは新型コロナウィルスの影響に対応して導入された寛大な変更およびキャンセルポリシーを緩和した最初のホテル会社の1つになります。

これらの変更は、特に前払い料金を予約する人、または9月30日以降に始まる滞在を予約する人に影響します。

これらの予約のいずれかに該当する場合は、予約時にホテルのキャンセルポリシーを確認して、どのような内容があるかを確認する必要があります。




コメント
非公開コメント