インターコンチネンタル アンバサダー会員の無料週末宿泊券がキンプトンでも利用可能に - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

インターコンチネンタル アンバサダー会員の無料週末宿泊券がキンプトンでも利用可能に - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

インターコンチネンタル アンバサダー会員の無料週末宿泊券がキンプトンでも利用可能に

インターコンチネンタル アンバサダー会員の特典のひとつである無料週末宿泊券がインターコンチネンタルホテル以外のホテルブランドであるキンプトンホテルでも利用可能になりました。

IHGリワードクラブは、IHGリワードクラブのほかに、インターコンチネンタルアンバサダーとキンプトンインナーサークルの2つのプログラムを運営しています。

インターコンチネンタルアンバサダーは、インターコンチネンタルホテルブランドに滞在時に特典が利用できる有料プログラムですが、キンプトンインナーサークルは無料無料で特典も少ないプログラムです。

インターコンチネンタルバリ

前からインターコンチネンタル アンバサダー会員とキンプトンでは特典を利用することは出来ませんでしたが滞在実績をカウントしていました。

インターコンチネンタル アンバサダー会員は招待制のみのステータスであるロイヤルアンバサダー会員(およそ$ 1万以上のホテル利用)で、ラウンジへのアクセスや2つのカテゴリーのアップグレードなど、より多くのメリットがある会員クラスがあります。

以前は、インターコンチネンタルホテルでの費用のみがロイヤルアンバサダーにカウントされていましたが、IHGリワードクラブは2019年後半に変更を加え、キンプトンとリージェントのホテルでの費用も含まれるようになりました。  

Six SensesがIHGリワードクラブに統合されると、このブランドが含まれると思います。

アンバサダー会員の利点の1つは、インターコンチネンタルホテルで利用できる週末2泊の滞在時に2泊目が無料になる特典です。

会員の有効期間に1度だけ利用できますが、それだけでアンバサダー会員の会費はカバーできるほどです。

その週末無料宿泊券の利用方法が変更され、アンバサダー会員がキンプトンのホテルでもこの​​無料券を使用できるようになりました。

リージェントはまだ除外されていますが、選択肢が増えることになります。

最も安い部屋タイプで週末の無料宿泊券を使用することは通常意味がありません。

できればホテルで許可されている場合はクラブフロアーまたはスイートルームでの利用をお勧めします。




コメント
非公開コメント