ホテルチェーンについて ワールドオブハイアット - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ホテルチェーンについて ワールドオブハイアット - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ホテルチェーンについて ワールドオブハイアット

日本では高級ホテルの多いワールドオブハイアット。

アメリカなどでは安価で滞在できるホテルブランドを展開しているので、お手軽な部分もあります。

ポイントを使った滞在など優れた部分の多いワールドオブハイアットについて詳しく見てみます。

パーク ハイアット ニセコ HANAZONO2

基本:

ハイアットは現在、主なホテルチェーンの中で最も規模が小さいプログラムになります。

低予算で滞在できるハイアットプレイスからデザイン重視のトンプソン、豪華なパークハイアットまで、20のブランドを65か国、900軒を超えるホテルで構成されています。

このプログラムは、スモールラグジュアリーホテルズとの提携しているので世界中の独立したラグジュアリーホテルのり利用でポイントの獲得やポイントを使った特典滞在を楽しむことができます。

その他、地域限定にはなりますがラスベガスではMライフリワードとの提携により他のホテルチェーンよりも利便性は高いと思います。

ポイントの獲得:

ワールドオブハイアットの会員は、傘下ホテルでの利用1ドルあたり5ポイントの基本ポイントを獲得できます。

ポイントは通常、24か月の間、アカウントにポイントの増減が無いと期限切れになります。

ポイントの利用:

ワールドオブハイアットのポイントを使った滞在に必要なポイント数を表したチャート表は、おそらくどのプログラムよりも最高の価値を提供します。

ホテルは8つのカテゴリーに分類され、無料宿泊はそれぞれ5,000〜40,000ポイントになります。

2020年3月22日から実施される予定だったシーズン制は、2021年まで延期されました。

これには、一部のホテルを除いて、すべてのホテルでのピーク価格とオフピーク価格の導入、およびホテルカテゴリの変更が実施される予定でした。

シーズン制が導入され特典チャートの変更が実施されると、ポイント数は1泊あたり3,500〜45,000ポイントになります。

ワールドオブハイアットのポイント&キャッシュを使用すると、2,500〜15,000ポイントと標準客室料金の50%の料金を支払う事でカテゴリ1〜7のホテルの特典宿泊に利用できます。

現在、このタイプの特典は、カテゴリ8のホテルでは利用することができません。

上級会員:

ワールドオブハイアットには現在3つの上級会員レベルがあります。

ディスカバーリスト

最初のディスカバーリストステータスを獲得するには、10泊もしくは、年間25,000ベースポイント(5,000ドル相当)を獲得する必要があります。

特典には、プリファードルームへのアップグレード、無料のプレミアムインターネット、さらに滞在中の10%ポイントボーナスなどが含まれます。

エクスプローリスト

エクスプローリストは30泊または50,000ベースポイントを必要とし、20%ボーナスポイントのような特典、アップグレードの可用性の向上、毎年4つのクラブラウンジへのアクセス特典が含まれます。

グローバリスト

グローバリストのステータスには60泊または100,000ベースポイントが必要で、有料および特典滞在、クラブラウンジへのアクセス、ほとんどの施設での無料の朝食、無料のリゾート料金など、4つの確認済みのスイートアップグレードが提供されます。


パーク ハイアット ニセコ HANAZONO1

パークハイアットニセコの画像提供。
まもなく、日本のパークハイアットニセコなどの新しい施設でポイントを引き換えることができます。

ワールドオブハイアットのパートナー:

ハイアットとアメリカン航空は昨年、上級会員にとって相互のステータスと特典を提供するパートナーシップを開始しました。


まとめ:

日本での選択肢は他のホテルチェーンと比較すると少ないワールドオブハイアットですが、その特典内容やポイントを使った特典滞在に必要なポイント数の妥当性から、オールラウンドの優れたホテルチェーンになります。

日本では提携しているクレジットカードがないので、その点はマリオットやヒルトンオナーズよりも不利になります。

日本での展開も力を入れているようで、パークハイアットニセコなどの新しいホテルでポイントを獲得、交換ができるようになります。



コメント
非公開コメント