4大ホテルチェーンがマスク着用を義務づけ - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

4大ホテルチェーンがマスク着用を義務づけ - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

4大ホテルチェーンがマスク着用を義務づけ

先日、マリオットが2020年7月27日から、世界中のすべてのホテルでフェイスマスクの使用を義務付けている記事を掲載しました。

その後、ワールドオブハイアット、IHGリワードクラブ、そしてヒルトンオナーズがそれぞれマスク着用に関する発表を行いました。

これは、ホテルのパブリックスペースだけを対象としたものでは無く、すべての宿泊客が室内でフェイスマスクを着用することも含まれています。

IHGリワードクラブ ANA

ホテルチェーンによって対象とする地域や運用面で多少の違いがあります。

マリオットのように世界中のホテルでの利用を対象にしたものや、ヒルトンオナーズなどのようにアメリカとカナダを対象としたものなどの違いはあるようです。

しかし、地域に関係なく新型コロナウィルスの影響がある内はマスクを着用することは前提になるように思います。

実際に移動手段として飛行機などを利用する場合でもマスクは必須で、もしマスクが無い場合はカウンターなどで配布し、着用を拒否した場合には搭乗を断ることもできます。

この状態はマスクを嫌う方の多い海外の方には大変かもしれませんが、日本人はほとんどの方が問題に感じないと思います。

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ意味でも(アメリカでは1日の新規感染者数は6万人から7万人)アメリカのほとんどの航空会社やホテルが導入を進めているのは妥当な方針のように思います。


導入が最後になるヒルトンオナーズの内容は次ぎようになります。

7月28日火曜日からヒルトンはすべての米国ヒルトンホテルの屋内公共スペースにいるすべての個人がマスクを着用します。

ご自身でマスクをお持ちでない場合、ホテルは無料でマスクを提供する用意があります。

さらに、この新しい規格は基本規格であり、すべての米国のホテルは、より制限の厳しい現地の法律、規則、規制、または推奨事項に準拠する必要があります。





コメント
非公開コメント