ワールドオブハイアット 第2四半期の収益は89%減少し、120以上のホテルが閉鎖中 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ワールドオブハイアット 第2四半期の収益は89%減少し、120以上のホテルが閉鎖中 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールドオブハイアット 第2四半期の収益は89%減少し、120以上のホテルが閉鎖中

4月から6月にかけて新型コロナウィルスの影響でホテルチェーンの業績悪化が予想されていましたがワールドオブハイアットは大手ホテルチェーンの中で最も早く業績の発表を行いました。

内容は前年対比で収益は89%減少するという大変厳しい結果になりました。

パーク ハイアット ニセコ HANAZONO2

この4月から6月までは2月頃から始まった新型コロナウィルスの感染拡大が各国に広がり、国際的な移動は困難になり、各国内でも移動の禁止やロックダウンによってホテルの利用が激減した時期なので、すべてのホテルチェーンにとっておそらく最悪の3ヶ月でした。

7月以降もヨーロッパなどは観光客の受け入れを再開したり、それぞれの国内での旅行は禁止されていませんので若干の改善はあると思いますが、旅行自体を今は控えている方が多く数値が急激に良くなることは考えられません。

ワールドオブハイアットに続きマリオット、IHGリワードクラブ、ヒルトンオナーズ、アコーは、間もなく3月から6月の業績を発表します。

結果はどこも同じように前年対比では90%程度の減益になり、大手なので急激な業績悪化にも経営自体に影響は無いと思います。

しかし、7月以降も引き続き需要が増加せずそれが長期間に及ぶと直営のホテルはまだ耐えられますがフランチャイズで営業しているホテルの中には営業できないホテルも出てくると思います。

ワールドオブハイアットでも今現在も120軒以上のホテルが閉鎖されており、そのほとんどがコストのかかるフルサービスのホテルやリゾートホテルになります。

ワールドオブハイアットはアメリカでは低価格なハイアットプレイスが多く、ある程度の需要があるようです。

しかし、日本では低価格で利用できるホテルはワールドオブハイアットに関しては少なく、アメリカ市場と比較しても厳しい状況になっていると思います。




コメント
非公開コメント