マリオットのホテルの招待制上級会員について - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

マリオットのホテルの招待制上級会員について - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオットのホテルの招待制上級会員について

ホテルの上級会員には規定の回数を滞在することやポイントを積算することによって達成することができます。

その他にも有料の会員制度やクレジットカードを作成することによって上級会員になることもできます。

その他に利用実績に基づいてホテル側から招待されてさらに特典のある上級会員になることができます。

有名な招待制上級会員としてインターコンチネンタルアンバサダー会員が利用実績に基づいてロイヤルアンバサダー会員になることができます。

マリオットにも招待制の会員レベルがあります。

マリオット ホテルブランド

マリオットコバルト会員

マリオットは、一般的には告知をしていませんが招待制のコバルト会員という会員レベルがあります。

コバルト会員を取得するための公開された要件はありませんが、マリオットのホテル側から必要に応じて会員を推薦します。

これらの推薦は、承認のためにマリオットの社長&CEOによって処理されます。

このリストの他のプログラムとは異なり、マリオットコバルトには、より明確に定義された一連のメリットがあります。

マリオットアンバサダーエリートステータスの特典である

スイートを含む、最も利用可能な宿泊施設へのアップグレード
ゼネラルマネージャーからの個人的なメモ
滞在中、ゼネラルマネージャーと面会し、挨拶する

コバルト会員には上記のすべてに加えて、パーソナライズされたアメニティを受け取ります。

高級ホテルブランドでは、「会員とゲストのそれぞれに特徴的な特典」が受けられます。

滞在中にホテルのマネージャーに会うことに高い価値を置かない限り、これはマリオットアンバサダー会員の特典に関してはスイートルームへの高確率のアップグレードくらいになりますが、コバルト会員の高級ホテルでの特別な経験のいくつかはとても良い内容になります。

低価格のホテルブランドでは、コバルト会員は利用可能な最高の部屋とパーソナライズされたメモを取得するか、プロパティジェネラルマネージャーとの面談くらいしか特典がありません。

フルサービスの中間層のホテルでは、GMに会い、個人向けのアメニティを利用できます。

高級なラグジュアリーブランドでは、リッツカールトンホテルなどでクラブラウンジを利用できます。

ホテルブランド毎の特典に関しては

Wマリオットでは総支配人からの招待によるレストラン利用

セントレジスではイブニングカクテル、アフタヌーンティー

ラグジュアリーコレクションでは毎日3食の食事を提供

エディションではレストランVIP席(個室?)の用意

WホテルではWホテルならではの特別な体験

その他にも特典に表記されていない様々な特典があり、滞在中は特別な注意をホテル側が行います。

シルバー、ゴールド、プラチナ、チタンの既存のマリオット上級会員ルに加わるコバルトプログラムは、最上部に位置しています。

以前は、Ritz-Carlton Rewardsプログラム内に招待制のエリートレベルとして存在していました。

海外では少ないですがブログなどでコバルト会員に関する記載があります。

日本では、そもそもコバルト会員がいるのかもわかりません。


コメント
非公開コメント

IHGグループではkimptonホテルのkimpton inner circleも招待制の上級会員ですよね
公式ホームページ
https://www.ihg.com/kimptonhotels/content/us/en/kimpton-loyalty/faq

ここには、まずIHGのスパイアエリートになってから、1年のkimpton実績に応じて1月に対象者へ送られるとあります。
ベネフィットもユニークなものが多く気になります

日本では10月に新宿で初めて出来るため認知度は低いですのであまり情報がみつかりません…
何かご存知の事がありましたら記事にしてくださると嬉しいです

2020-08-21 04:09 | from nyai | Edit