IHGリワードクラブとアコーが統合? - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワードクラブとアコーが統合? - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワードクラブとアコーが統合?

フランスの新聞Le Figaroでの記事で興味深いものがありました。

内容はIHGリワードクラブとアコーが合併を検討しており、アコーの理事会が支持している事を報じました。

IHGリワードクラブ キンプトンホテルを対象に、1日最大100ドルのホテルクレジット

まだ、フランスの新聞のみが掲載しており、イギリスの新聞などはこの件に関しては触れていないようです。

しかし、何もないのであれば強く否定すると思いますが、そうでもないようです。

もし、IHGリワードクラブとアコーが統合されると53のホテルブランド(IHGリワードクラブ16ホテルブランドとアコー 37ホテルブランド)になり、参加ホテルの数は11,000軒のホテル(IHGリワードクラブ6,000軒とアコー5,000軒)となり、世界最大のホテルチェーンがヨーロッパを中心に展開することになります。

この軒についてアコーはコメントすることを拒否しました。

今回のIHGリワードクラブはイギリス、アコーはフランスに本社があり文化的には近いものがあります。

また新型コロナウィルスの影響で需要が低迷し、未だに終息する気配が無いために経営を強化する意味合いも強いと思います。

その他にイギリスのEU離脱など様々な要因があると思います。

もし、IHGリワードクラブとアコーが統合されることになったら今でもこの2つのホテルプログラムは上級会員に対する特典などが統一されること無く、ホテルブランドによってまったく違います。

この状態で統合になっても益々わかりにくいホテルプログラムになるような気がします。

IHGリワードクラブだけでもIHGリワードクラブ以外にインターコンチネンタルアンバサダー会員やキンプトンインナーサークルの2つのプログラムを運営しています。

アコーに関してもプラス、イビスビジネスなど別のプログラムを内包しています。

アコー自身がわかりにくいホテルプログラムを改善することを何年にもわたって(実現はしていませんが)取り組んでいる最中です。

このような状況で統合するとなると、同じようなプログラムが統合したマリオットとスターウッド以上の混乱が発生すると思います。

個人的にはIHGリワードクラブが主体となってプログラムが統合するのであればいいのですが、アコーが主体になることを考えるとホテルの使い方を考える必要があると思います。

どちらにしても、まだ話が進んでいるわけでは無く途中でなくなるかもしれません。


コメント
非公開コメント