アコーホテル 最適なホテルチェーンは - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

アコーホテル 最適なホテルチェーンは - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

アコーホテル 最適なホテルチェーンは

ここ数年のホテル業界の中で、世界的な大手ホテルチェーンは統合や提携を繰り返し、規模の拡大を目指しています。

年々変わっていくホテルプログラムではプログラム全体の把握や、会員がホテルでポイントをためて効率的にそのポイントを使うためには、良くプログラムの内容をわかっている必要があります。

今回は大手のホテルチェーン以外を考えてみたいと思います。

アコーホテルはALL – Accor Live Limitlessに移行準備中



アコー

最適:会員特典は少ないが安価なホテル

基本:ヨーロッパを拠点とするホテルチェーンであるアコーは世界的に見ると大手のホテルチェーンになりますが、日本での展開が少ないことと上級会員特典が少ないため。それほど人気のあるホテルチェーンではありません。

Fairmont、Sofitel、Banyan Tree、Raffles、Mercure、Ibis、Mantra、Novotelなど40近くのブランドに数え、5,000軒ののホテルを110カ国に展開しています。

ポイントの獲得: アコーホテルのポイント獲得内容を理解するのは少し難しいですが、会員はほとんどのホテルブランドで10ユーロ(11ドル)あたり25倍のポイントを獲得し、Ibis、Ibis Styles、Mama Shelterでは12.5倍の収入を獲得します。
アダージョとアダージョアクセスのホテルで獲得するポイントがさらに少なくなります。

ポイントの交換:2,000ポイントを利用してホテル利用時に40ユーロ(約$ 44)の割引を受けることができます。
他のホテルチェーンのようにポイントによる無料宿泊はありません。
この方法のメリットとしては獲得したポイントを少ないポイント数でも活用できることです。

上級会員: アコーホテルには4種類のステータスがあります。

2,000ステータスポイントでシルバー会員

7,000ステータスポイントでゴールド会員

14,000ステータスポイントでプラチナ会員

26,000ステータスポイントでダイヤモンド会員

になれます。

シルバー会員は1ユーロあたり31倍のポイントを獲得し、ウェルカムドリンクとレイトチェックアウトを利用することができます。

ゴールド会員は、部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、および1ユーロあたり37倍のポイントが含まれます。

プラチナ会員にはクラブラウンジとスイートのアップグレードを利用できます。

ダイヤモンドステータスには、それぞれ25ユーロ(27.50ドル)相当の4つのダイニングおよびスパの特典、ゴールド会員のプレゼント、週末限定で無料の朝食が含まれます。

アコーホテルはALL-Accor Live Limitlessに名称が変わり新しくダイヤモンド会員が増えます。


クレジットカード:現在日本で利用できるアコーブランドのクレジットカードはありません。

その他のパートナー: 2月の時点で、アコーのロイヤルティプログラムは キャピタルワンのトランスファーパートナーになりました。
その他、アコーでは、エールフランスとKLMの提携など、一部の航空会社やその他の企業とも提携しています。



アコーはフランスが本拠のため、日本やアメリカでの利用よりもヨーロッパに旅行に行く際には利用価値の高いホテルチェーンになります。

その他では東南アジアでも展開しているホテルは多いと思います。

ヨーロッパのホテルは小規模のヨーロピアンスタイルのホテルが多く、ホテルブランドや場所にもよりますが低価格で滞在できるホテルが多いと思います。

ホテルブランドによっては朝食付きのホテルもあり、ビジネスで予算を抑えたい場合などには最適なホテルチェーンです。

上級会員に対する特典はほとんど期待するほどのものはありません。

アコーホテルはヨーロッパなどではIHGリワードクラブと完全に競合しているように思います。

ホテルの価格帯やサービス内容などは比較的近いコンセプトであり、一部のIHGリワードクラブにおける高級ホテルに該当するホテルはアコーにはほんどありませんが、その他に関しては同じレベルになると思います。

日本に在住の方でアコーはメインのホテルチェーンにはならないと思いますがヨーロッパや東南アジアに旅行を考えている方には利用価値のあるホテルになります。




コメント
非公開コメント