シャングリ・ラゴールデンサークル ポイントの有効期限を2021年12月31日まで延長 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

シャングリ・ラゴールデンサークル ポイントの有効期限を2021年12月31日まで延長 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

シャングリ・ラゴールデンサークル ポイントの有効期限を2021年12月31日まで延長

シャングリ・ラホテルの会員制度ゴールデンサークルは新型コロナウィルスの対応については他ホテルチェーンの対応よりも早く内容も寛大です。

今回の発表では保有しているポイントの有効期限が年末までの対応でしたが、延長になり2021年12月31日までになりました。

シャングリ・ラは2021年12月31日まで世界中のゴールデンサークルティアステータスメンバー(ダイヤモンドとジェイド)を拡張しています。



確かにシャングリ・ラホテルの会員制度ゴールデンサークルは他のホテルプログラムとは比較にならないほどの会員数とホテルの軒数ですが、その分対応も早いと思います。

そして、新型コロナウィルスの発生からの事を考えるとゴールデンサークルが最初に対応を発表して、他のホテルチェーンも同じような対応を行ってきました。

実際、今の状況ならホテルの利用も思うようにならず、ポイントの利用やクレジットカードの特典や会員の更新時、またはキャンペーンでもらえる無料宿泊に関しても消化できないような状況です。

今回の発表ではポイントに関することだけでしたが、上級会員に関しても今後対応していくと思います。

IHGリワードクラブやマリオットなどに関しても来年の早い時期にポイントの延長期間や無料宿泊が可能な期限が終了になる予定です。

できれば、それらのホテルチェーンもシャングリ・ラホテルと同じように2021年末まで延長してもらえると非常に助かります。

今回の新型コロナウィルスに対する対策に関しては

シャングリ・ラホテル

ワールドオブハイアット

ヒルトンオナーズ

アコーやウィンダム、ウエスティンなどが続き

そしてIHGリワードクラブやマリオットが最後に発表という流れで発表しています。

そして、今回もシャングリ・ラホテルが発表しワールドオブハイアットも期間延長に関して発表しているようです。

他のホテルプログラムも順次発表していくと思います。



コメント
非公開コメント