タイで30軒のホテルに滞在できるプランが約35,000円で販売 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

タイで30軒のホテルに滞在できるプランが約35,000円で販売 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

タイで30軒のホテルに滞在できるプランが約35,000円で販売

未だに観光の渡航が再開されていないタイなので、魅力的なセールやバウチャーの販売があっても日本人が利用することはできません。

なので、今回はこういったことを行っているという事になります。

12月30日までタイのセンタラホテル30軒に10,000バーツ(約35,000円)で滞在できるプランになります。


タイで30軒のホテルに滞在できるプランが約35000円で販売1

タイのセンタラホテルグループは、今週末、ちょっと考えられないセールを行っています。

内容は、30軒のセンタラホテルすべてに10,000バーツ(約35,000円)の価格で年末まで滞在する事ができるパスになります。

タイで30軒のホテルに滞在できるプランが約35000円で販売2



このパスを使用すると、各ホテルにそれぞれ1泊の滞在ができます。

その後、連泊する場合には有料料金が適用されます

連泊では無く、近くのセンタラホテルグループに参加しているホテルに滞在する場合はパスを利用できます。

つまり、10,000バーツ(約35,000円)で年末までの期間限定で30軒のホテルに1回ずつ滞在することができます。

センタラホテルは低価格なホテルが多いのですが、それでも1泊5,000程度は必要なので、今回のパス購入金額は破格な値段になります。

このパスはタイの13都市で30軒以上のホテル滞在が対象となります。

購入期間は2020年10月9日から11日までになり、返金は不可になります。

パスの購入はオンラインで予約できます。


パス購入はこちら


タイで30軒のホテルに滞在できるプランが約35000円で販売


対象の都市はプーケット、サムイ、クラビ、パタヤ、ホアヒン、トラート、ラヨン、チャン島、バンコク、チェンマイ、メーソット、ウドンタニおよびハジャイを含むタイのすべてのセンタラホテルズ&リゾーツのホテルで利用可能になります。


まとめ

最初にお断りしたように日本から観光でタイに渡航することは今のところできません。

また、行けたとしてもタイ国内をすべて回れる訳ではないのですべてのホテルを利用することは非常に難しいともいます。

どちらにしてもタイ国内の方を対象としたパスになります。

新型コロナウィルスで需要が低迷しているのはどこの国でも同じで、感染者がほとんど(先日1名が感染)いないタイでも厳しい状況は同じなので、少しでも利用してもらうためにホテルやホテルグループ、ホテルチェーンは様々な施策を行っています。

コメント
非公開コメント