アメリカで発行されているIHGリワードクラブの提携クレジットカード - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

アメリカで発行されているIHGリワードクラブの提携クレジットカード - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

アメリカで発行されているIHGリワードクラブの提携クレジットカード

日本では発行されたこのないIHGリワードクラブの提携クレジットカード。

ヒルトンオナーズ(現在は新規募集は停止し、新しいクレジットカードブランドで再開予定)やマリオットの提携クレジットカードは発行されていますが、ワールドオブハイアットやIHGリワードクラブの提携クレジットカードはまだありません。

アメリカではホテルの提携クレジットカードの種類も多く、様々な特典が付いています。

アメリカで発行されているIHGリワードクラブの提携クレジットカード

今回紹介するのはIHGリワードクラブの提携クレジットカード。

入会時のキャンペーンとして口座開設から最初の3か月以内に対象となる購入に$ 3,000(日本円で32万円程度)を利用した後、140,000ボーナスポイントを獲得することができます。

さらに、初年度の年会費は無料で、プラチナエリートステータスとエリート資格ポイントが自動的に付与されます。



アメリカで発行されているIHGリワードクラブの提携クレジットカード1


年会費は通常89ドルなので日本円にして1万円弱になります。

このクレジットカードは入会時のボーナスポイントだけでも無料宿泊に必要なポイント数として3泊から5泊程度の滞在に十分なポイントをもらうことができます。

ポイントの加算に関しては

ホテルズ&リゾーツで25X合計ポイントまで獲得

IHGリワードクラブのホテルやリゾートで、10倍のポイントを獲得。

クレジットカードを持っているとプラチナエリートステータスになりますので、さらに5倍ポイントまで獲得します。

ガソリンスタンド、食料品店、レストランでの購入で2倍のポイントを獲得

他のすべての購入に費やした1ドルごとに1ポイントを獲得

さらに通常の特典に関しても

プラチナエリートステータス

グローバルエントリまたはTSAPre✓手数料クレジット(4年ごとに100ドルの払い戻し)

外国取引手数料なし

IHGリワードクラブのポイント購入時に20%OFF

1年に一回、更新時にもらえる無料宿泊

一定額の使用で更新時に10,000ボーナスポイント

これにIHGリワードクラブの上級会員であるプラチナエリートになることができます。


日本のクレジットカードと比較するとアメリカのクレジットカードは入会特典やクレジットカードの特典が非常に良いものが多く、10,000円程度の年会費を支払うことで、日本のプラチナカード。
年会費無料でも日本のゴールドカードに匹敵する内容のクレジットカードが数多くあります。

日本でも底までの特典や入会ボーナスポイントは望みませんが、ホテルのチェーン提携クレジットカードの種類が増えると便利に使えると思います。







コメント
非公開コメント