インターコンチネンタルアンバサダーの登録および更新キャンペーンが期間延長 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

インターコンチネンタルアンバサダーの登録および更新キャンペーンが期間延長 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

インターコンチネンタルアンバサダーの登録および更新キャンペーンが期間延長

インターコンチネンタルホテルの有料の会員制度であるインターコンチネンタルアンバサダーの登録および更新をキャンペーン期間内に行い、その後1泊すると無料宿泊に利用できるポイントがもらえるキャンペーンが当初は2020年11月15に終了する予定でしたが期間が延長になりました。

キャンペーン期間は

変更前は2020年11月15日まで

変更後は2020年12月31日まで


1インターコンチネンタル アンバサダー会員の週末無料宿泊券の使い方

更新も対象になるようなので対象の会員にはメールが届いているようです。

メールが届かなくても、このキャンペーンは新規入会も対象となりますのですべての人が利用できる内容になっています。


キャンペーン内容はキャンペーン期間内に入会か更新を行うと2021年1月31日までにインターコンチネンタルホテル、Kimpton、またはRegentのホテルに1泊滞在することによって、40,000ポイントが上限となる無料宿泊に利用できるポイントが追加されます。

インターコンチネンタルアンバサダー会員の入会や更新は


こちらから



最大40,000ポイントは、最大ポイントレートが40,000ポイント以下のすべてのIHGリワードクラブに参加しているホテルで使用できます。

現在、IHGリワードクラブとして2泊すると40,000ポイントの無料宿泊に利用できる新規会員向けのキャンペーンを行っていますが、こちらはアメリカの会員向けのキャンペーンになり、日本は対象外になります。

IHGリワードクラブのインターコンチネンタルアンバサダー会員について

ホテルの上級会員には多くの優れた特典がありますが、特典を獲得するには宿泊を重ねて長い時間がかかる場合があります。

その中でもいくつか例外があり、インターコンチネンタルアンバサダー会員もそのひとつになります。

適度な年会費と引き換えに、会員はIHGリワードクラブで上級会員に、そしてインターコンチネンタルホテルでは上級会員のような特典を得ることが出来ます。

インターコンチネンタルホテルやリゾートでの滞在を考えていて1年に数回の滞在でもインターコンチネンタルアンバサダー会員は価値があるかもしれません。

今回はご存じの方も多いかもしれませんがプログラムの詳細を検討します。

そして、会員になることの価値があるかどうかを検討します。

インターコンチネンタルアンバサダープログラムとは?

インターコンチネンタルアンバサダープログラムは、インターコンチネンタルホテル&リゾートに滞在する際に特典を提供します。

ただし、他のIHGリワードクラブブランドに滞在する場合、プログラムはアンバサダー特典を提供していせん。

ただし、インターコンチネンタルアンバサダー会員に入会すると通常は対象となる40泊を完了するか、40,000ベースポイントを獲得する必要があるIHGリワードクラブの上級会員であるプラチナステータスが付与されます。

IHGリワードクラブのエリートステータスは、プラチナアンバサダーになります。

IHGリワードクラブスパイアエリートとアンバサダーの場合、ステータスはスパイアアンバサダーになります。

インターコンチネンタルアンバサダー

インターコンチネンタルアンバサダープログラムの専用ページはこちら

インターコンチネンタルアンバサダーになるには?

インターコンチネンタルアンバサダー会員になるには、年会費を支払う必要があります。

この入会金は現在200ドルまたは40,000 IHGポイントです。

40,000 IHGポイントで200ドル相当というのはポイントの価値を考えた場合には適正な設定になると思います。

入会後は12か月間アンバサダー特典を利用することが出来ます。

したがって、滞在の直前にアンバサダー会員に登録しても特典を受けることが出来ます。

このプログラムには、オンラインまたはインターコンチネンタルホテルまたはリゾートで参加できます。

サービスセンターに電話して参加することもできます。


インターコンチネンタルアンバサダーの特典


インターコンチネンタルアンバサダー会員は、インターコンチネンタルホテルズアンドリゾーツに滞在すると、次のような特典があります。


ルームのアップグレード


アンバサダーのメンバーは1つのカテゴリールームのアップグレードが保証されていますが、以前のようにクラブルームの1つ下の部屋を予約しても、クラブへのアクセスを得ることができなくなりました。

また、アンバサダー/ロイヤルアンバサダーのアップグレードではアップグレードにならないスイートルームも増えています。

ただし、これはホテルの方針と当日アサイン(部屋の割り当て)するスタッフの裁量によりますので、海外ではスイートルームになることもあり、クラブルームの利用もできることがあります。

16:00のレイトチェックアウト

インターコンチネンタルアンバサダーはインターコンチネンタルホテルに宿泊する際に16:00チェックアウトを保証しています。

これは空室状況に基づくものではなく、リゾートでの場合も例外ではありません。

同じ会員レベルでもクラウンプラザなどではホテルによって13:00や14:00などレイトチェックアウトの時間は違います。

無料週末宿泊券


会員はメンバーシップキットに添付している12ヶ月間有効な無料週末宿泊券を利用できます。

無料週末宿泊券をは、中東の金曜日から日曜の夜または木曜日から土曜日まで使用できます。

特定のアンバサダー・サーティフィケート・レートで予約する必要がありますが料金は最低料金に準じています。

アンバサダーメンバーシップキットを入手するには、海外からの発送なので1〜2ヵ月かかることがあることがありますので注意する必要があります。

無料週末宿泊券を使用して、予約する際にはスイートなどのより高い部屋を予約することも出来ます。

インターコンチネンタルアンバサダー会員の最大の特典になり、単価の高い部屋を予約しても半額やもしくは土曜にの宿泊料金の方が高い場合が多いので非常にお得な内容です。

ただしインターコンチネンタルアンバサダープログラムの最大の特典である週末無料宿泊に関しては、ここ3年ほど使っていません。

金曜日から2泊が条件ですが、なかなか合う日程や場所がなく無駄になっています。

それでも、インターコンチネンタルアンバサダー会員を維持していますので、その他の特典が会費に合っていると思います。

フレッシュフルーツやミネラルウォーター

会員はインターコンチネンタルに宿泊する際にはアメニティとして実際に、焼き菓子またはフルーツののいずれかを選択できるようになりました。

また毎日ミネラルウォーターが補給されます。

無料ムービー


利用したことはありませんがアンバサダーの会員は、利用可能なホテルでは1滞在につき1回無料の有料テレビ映画を視聴できます。

5,000 IHGリワードクラブポイント

入会時や更新時には5.000や15,000IHGリワードクラブポイントがもらえます。

5,000ポイントから15,000ポイントで宿泊出来るポイントブレイクの1泊分になりますので非常にお得です。

IHGリワードクラブプラチナステータス

昨年まではアンバサダー会員には、IHGリワードクラブエリート資格(ゴールド)が付いていました。

今年からはプラチナ会員になります(情報をいただきました。ありがとうございます。)

これで他のIHGリワードブランドのクラウンプラザやホエイディインに滞在する際上層階の部屋にアサインされたり、様々な特典があります。

更新に必要な費用は昨年は3通りで、もらえるポイント数や特典によって支払う金額は若干違いますが基本となるのは150ドルで更新できました。

今年は150USDが無くなり、200ドルか40,000ポイントになります。

インターコンチネンタルアンバサダープログラム会員になるためには200ドル、更新には最低200ドルが必要です。

1つのカテゴリーの部屋のアップグレードを保証

この特典は空室状況によります。また、無料宿泊および特典宿泊の場合は保証されません。

この特典には、ラウンジへのアクセスおよび一部のスイートタイプが含まれません。

午後4時のレイトチェックアウトを保証

無料の週末宿泊券ーウィークエンドナイトレートを予約の際に支払った週末の金曜日と土曜日の滞在に対して2日目の滞在が無料の対象になります。

「週末」とは、世界のほとんどの地域で金曜日、土曜日、日曜日の夜と定義されています。ただし、中東のホテルでは、週末を木曜日、金曜日、土曜日の夜と定義している場合があります。

その他の特典

専用チェックインエリア
一部のホテルのレストラン、バー、ミニバーで使用できる1滞在あたり20ドルのクレジット
米ドルを使用しない市場では、約20ドルに相当するその通貨での設定金額を受け取ります。
中国本土では、ゴールド、プラチナ、およびスパイアエリートメンバーは、一部のホテルのレストランおよびバーで15%割引を利用できます。スパイアエリートメンバーは、RMB120クレジットも獲得できます(約$ 17相当)
毎日のミネラルウォーター
客室でのプレミアムインターネット(利用可能な場合)
2人目のゲストは追加料金なし
ハーツゴールドプラスリワードのファイブスターステータス





北海道 函館 東北 仙台 北関東 東京 六本木 新宿 銀座 南関東 横浜 箱根 熱海 伊豆 甲信越 軽井沢 北陸 金沢 東海 名古屋 大阪 京都 関西 神戸 淡路島 中国 広島 四国 九州 福岡 沖縄 石垣島 宮古島 温泉 日帰り温泉 露天風呂付客室 東北 温泉 関東 温泉 甲信越 温泉 東海 温泉 近畿 温泉 北陸 温泉 中国 温泉 四国 温泉 九州 温泉 群馬 温泉 東京 温泉 秩父 温泉 箱根 温泉 長野 温泉 京都 温泉 東京駅 品川駅 原宿駅 新橋駅 大崎駅 代々木駅 恵比寿駅 大阪駅 新大阪駅 名古屋駅 エリアから探す 地域から探す 温泉地から探す 駅から探す グループホテルから探す 宿泊予約 一休Plus+ 旅館予約 日帰り・デイユース ホテルチェーン ビジネスホテル キラリト予約 バケーションレンタル予約 古民家・町家 海外ホテル ディズニー ホテル 一人旅 一休コンシェルジュ キャンペーン・特集 ランキング クチコミ Go to Travel キャンペーン お得なクーポン サイトマップ メールマガジン 個人情報保護方針 レストラン ランチ ディナー ケーキバイキング スイーツビュッフェ おでかけスポット 東京 デート お台場 デート 渋谷 デート 恵比寿 デート 吉祥寺 デート 横浜 デート 大阪 デート 京都 デート 北海道観光 青森観光 岩手観光 秋田観光 宮城観光 山形観光 福島観光 茨城観光 栃木観光 群馬観光 埼玉観光 千葉観光 東京観光 神奈川観光 箱根観光 鎌倉観光 湯河原観光 熱海観光 山梨観光 長野観光 新潟観光 富山観光 石川観光 福井観光 静岡観光 愛知観光 岐阜観光 三重観光 滋賀観光 大阪観光 京都観光 兵庫観光 奈良観光 和歌山観光 鳥取観光 島根観光 岡山観光 広島観光 山口観光 香川観光 愛媛観光 徳島観光 高知観光 福岡観光 佐賀観光 長崎観光 熊本観光 大分観光 湯布院観光 別府観光 宮崎観光 鹿児島観光 沖縄観光 ザ・リッツ・カールトン東京 シャングリ・ラ ホテル 東京 グランド ハイアット 東京 パレスホテル東京 ザ・ペニンシュラ東京 マンダリン オリエンタル 東京 パーク ハイアット 東京 フォーシーズンズホテル丸の内 東京 アンダーズ 東京 強羅花壇 あさば ANAインターコンチネンタルホテル東京 ウェスティンホテル東京 ザ・キャピトルホテル 東急 ザ・プリンス パークタワー東京 ザ・リッツ・カールトン大阪 セルリアンタワー東急ホテル セント レジス ホテル 大阪 ハイアット リージェンシー 京都 ハイアット リージェンシー 東京 ヒルトン東京 ヒルトン東京ベイ ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ グランドニッコー東京 台場 The Okura Tokyo ザ・リッツ・カールトン京都 ホテルグランヴィア京都 ホテルグランヴィア大阪 ホテル椿山荘東京 ヒルトン東京お台場 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル リーガロイヤルホテル ロイヤルパークホテル 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 横浜ロイヤルパークホテル 京王プラザホテル 帝国ホテル 大阪 帝国ホテル 東京 東京ドームホテル ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ ホテルオークラ神戸 ホテルニューオータニ 横浜ベイホテル東急 三井ガーデンホテル 京都新町 別邸 ザ・リッツ・カールトン沖縄 古民家 NIPPONIA 定山渓温泉 ニセコ温泉 支笏湖温泉 登別温泉 十勝川温泉 川湯温泉 知床ウトロ温泉 湯の川・西大沼温泉 旭岳・層雲峡温泉 洞爺湖温泉 浅虫温泉 八甲田山温泉 つなぎ温泉 花巻温泉郷 秋保・作並温泉 鳴子温泉 十和田湖 西湖畔温泉 乳頭温泉郷・夏瀬温泉 天童・銀山・瀬見温泉 蔵王温泉 会津東山温泉 鬼怒川温泉 那須温泉 日光温泉 那須白河温泉 塩原温泉 伊香保温泉 四万温泉 草津温泉 芦ノ湖周辺の温泉 箱根湯本温泉 湯河原温泉 岩室温泉 月岡・村杉温泉 越後湯沢・六日町温泉 宇奈月温泉 春日温泉 庄川温泉 ねぶた温泉 粟津・片山津温泉 山代温泉 山中温泉 辰口温泉 白鳥路温泉 和倉温泉 輪島温泉 芦原・三国温泉 鷹巣温泉 河口湖・富士山温泉 西山温泉 石和温泉 星野温泉 白骨・上高地温泉 別所温泉 野沢温泉 奥飛騨温泉郷 下呂温泉 飛騨高山温泉 伊東温泉 伊豆長岡温泉 稲取温泉 下田温泉 修善寺温泉 土肥温泉 堂ヶ島・大沢温泉 熱海温泉 北川・熱川温泉 長島温泉 鳥羽温泉 伊勢・志摩温泉 湯の花温泉 嵐山温泉 京都温泉 城崎温泉 赤穂温泉 湯村温泉 有馬温泉 洲本温泉 南紀白浜温泉 皆生温泉 三朝温泉 玉造温泉 奥津温泉 湯郷温泉 宮島温泉 鞆の浦・尾道温泉 湯田温泉 萩温泉郷 祖谷温泉 鳴門温泉 こんぴら温泉 小豆島の温泉地 道後・奥道後温泉 土佐山温泉 嬉野・武雄温泉 雲仙温泉 湯ノ本温泉 小浜温泉 黒川温泉 玉名・山鹿温泉 湯布院温泉(由布院) 別府温泉郷 北郷温泉 指宿温泉 霧島温泉郷
コメント
非公開コメント