ハワイが日本にも事前検査で検疫期間が免除になります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ハワイが日本にも事前検査で検疫期間が免除になります。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ハワイが日本にも事前検査で検疫期間が免除になります。

ハワイは10月15日にアメリカ本土からの旅行者に観光を再開しました。

その時点で、CDC禁止国からの海外旅行者はハワイへの入国が禁止されていますので国外からの観光は検疫期間の14日を指定された場所で過ごす必要があります。

ただし、アメリカ本土に次いで日本からの観光客も、11月6日より、承認された旅行前のテストを利用することで14日間の検疫期間を免除になります。

アメリカの事例で考えると、すべての訪問者が、ハワイに出発する前の72時間以内に、承認されたテスト(PCRテスト)などのテストを受ける必要があります。

ただし、ハワイのすべての島が同じルールであるわけではありません。

ヒルトンオナーズ 連泊で無料宿泊 ハワイも対象

新型コロナウィルスが発生して何ヶ月もの間、ハワイに入国する唯一の方法は、強制的な14日間の検疫でした。

その後、事前検査を行うことによって14日間の検疫期間を免除する方法が考えられましたが、ハワイ諸島で新型コロナウィルスの感染者が急増し、信頼性の高い迅速な検査の欠如に対処したため、検疫を免除するために旅行前に検査する方法は度々延長になっていました。

また、同じハワイ諸島でも島々によって独自の考えとルールを設定しています。

ハワイはアメリカ本土からの旅行前のテストで通常通りの観光を10月15日に再開しました。

再開後は何万人もの旅行者が検疫なしでハワイに到着しましたが、一部の旅行者は間違ったテスト内容で到着したため混乱も発生しているようです。

そして、ハワイ諸島の中でもラナイ島が新しい封鎖に入ったので、立ち入ることができません。

スタンダードな内容はオアフ島での内容になり、他の島には独自のルールがあります。

ハワイ島

強制的な14日間の検疫を回避するために州の到着前検査プログラムに参加するビッグアイランドへの旅行者は、到着時に空港で2回目の無料の迅速抗原検査を受ける必要があります。

現在、検疫を回避するために、ハワイ島のみが到着時に2回目のテストを必要とします。

ハワイの副知事はビッグアイランドに到着したときに実行された最初の6,100のフォローアップテストのうち、2件の陽性反応があったと語っています。

カウアイ島

カウアイ島では、現在は必須ではありませんが、到着後3日で自主的な2回目のテストを提供します。

テストの費用を支払う必要がありますが(帰国者でない限り)、島はこのフォローアップテストの費用を支払って受験する人のために、参加しているカウアイ島の企業から150ドルのギフト券を提供しています。


マウイ島

マウイ島は、島に到着してから3日後に自主的なテストが提供されるという点でカウアイ島の計画と似ていますが、テストはカウアイ島で自己負担で支払うマウイ島では無料です。

この自主的な2回目のテストを受けた人は割引カードの資格があります。

マウイニュースは、旅行前プログラムが発効した後にマウイに到着した最初の数千人の訪問者のうち200人が自主的な2回目のテストを受けたと報告しています。

ハワイのセーフトラベルシステムに登録する


ハワイに旅行する場合は、ハワイのセーフトラベルシステムに登録する必要があります。登録確認ページを表示するように求められるため、到着の少なくとも72時間前にこれを行ってください。

セーフトラベルシステムはこちら

14日間検疫する必要がある場合、旅行が事前テストの到着計画に含まれていない場合は、アプリを毎日チェックインして健康状態を報告する必要があります。

自己検疫規制の期限が切れた後でも、今後も何らかの形でこのアプリが継続して使用される事になるかもしれません。


まとめ

ハワイへの観光がアメリカでも再開されたばかりなので、混乱はあると思います。

入庫には通常以上に時間がかかりそうです。

また共通のルールとしてマスクの着用や様々な感染予防対策を行っていますので、そのルールに従うことが必要になります。

日本からの観光客に11月6日より検疫期間が免除されるようになると、観光でハワイを訪れる方が増えると思いますが事前検査や2度目の検査、その他の対策を行っているハワイは新型コロナウィルスに対して安全な地域になると思います。






コメント
非公開コメント