ワールドオブハイアットのキャンセルポリシーが更新 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ワールドオブハイアットのキャンセルポリシーが更新 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールドオブハイアットのキャンセルポリシーが更新

ワールドオブハイアットは新型コロナウィルスの影響を受けて、キャンセルの緩和を行っていますが、今月キャンセルに関する内容を更新しました。

2020年7月1日以降に行われた予約については、ホテル固有のルールがワールドオブハイアットで規定しているキャンセル条件と異なる場合はホテルの条件が優先されるようになるため、予約時にキャンセル条件を確認する必要があります。



主な更新は次のとおりです。

ワールドオブハイアットでのキャンセル条件は無料でキャンセルや変更ができることが前提になっています。

しかし、2020年7月1日以降に予約され、予約時にワールドオブハイアットのキャンセル内容とは違う条件がホテルに設定されている場合は、予約したホテルのキャンセル条件が優先されます。

予約をキャンセルや変更したときに手数料の規定や変更不可、キャンセル不可などの条件があった場合は、その条件に準じることになります。

2020年7月1日より前に予約した既存の予約

非常に限られた例外を除いて、2020年7月1日より前に予約された既存の予約は、予定された到着の24時間前まで無料でキャンセルできます。

これには、通常ではキャンセル不可の事前購入料金の予約が含まれます。

2020年7月1日以降に予約した新規予約

2020年7月1日以降に予約された予約(2021年7月31日までの到着日)は、予定されている到着の24時間前まで無料でキャンセルできます。

2020年7月1日以降に予約したホテルで、予約時に異なるキャンセルまたは返金条件が表示されている予約は、この条件から除外され、予約時に表示されたキャンセルまたは返金条件に準じます。


ホテルは、需要の高い期間(週末や祝日など)にこのキャンセル条件を追加することがあると思います。

予約の際は、すべてのホテルで料金と現在のキャンセルに関する条件を確認する必要があります。

予約は、hyatt.comまたはWorld of Hyattのアプリを介して変更またはキャンセルできます。

週末などの満室に近い状態になることが予想される日にはキャンセルに対してある程度厳しくなるのは理解ができます。

海外旅行に比較して国内の予約の場合はキャンセル率も多く、連絡も無く滞在されない方もいます。

その意味では事前にクレジットカードで決済をして、もし滞在されない場合でもホテルの損失を防ぐ意味でも必要なことになると思います。

ただし、新型コロナウィルスの影響が拡大すると、全面的にキャンセルの規定が緩和される可能性はあります。



コメント
非公開コメント