ワールドオブハイアット アメリカの一部ホテルで無料のPCR検査を実施 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ワールドオブハイアット アメリカの一部ホテルで無料のPCR検査を実施 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ワールドオブハイアット アメリカの一部ホテルで無料のPCR検査を実施

ワールドオブハイアットは、メキシコとカリブ海の19軒の参加ホテルに滞在し、その後、アメリカへ帰国やアメリカへの旅行を続ける場合に、ゲストがPCR検査を無料で実施できるプログラムを開始しました。

これは、アメリカに渡航する際にすべての到着する乗客が陰性のPCR検査の結果を提示することを要求している事に対する対応になるようです。


ワールドオブハイアット ハワイでのポイント宿泊1ワールドオブハイアット ハワイでのポイント宿泊2

アメリカは、2021年1月26日からアメリカ市民と居住者を含むすべての航空機で到着する旅行者に、出発の3日以内にPCR検査で陰性(抗原も許容できると思います)を証明する書類の提出を義務づけています。

飛行機で到着する旅行者は、アメリカへのフライトが出発する前の3日以内にウイルス検査(現在の感染の検査)を受け、航空会社に検査結果の書面による文書(紙または電子コピー)を提供し、航空会社は、搭乗する前に、すべての乗客の陰性の検査結果または回復の状態を記載した正式な文書を確認する必要があります。

乗客が陰性のテスト結果、または回復(抗体検査)したことを書類で提供しない場合、またはテストを受けないことを選択した場合、航空会社は乗客への搭乗を拒否する必要があります。

これを受けてワールドオブハイアットでは

ラテンアメリカの19軒のハイアットリゾートすべてが無料のPCR検査を無料で行うことを発表しました。

2021年5月31日まで、アメリカに旅行する利用者で、メキシコ、コスタリカ、カリブ海、および南アメリカの19軒の参加リゾートでの1滞在あたり、ゲストルームごとに最大2名の登録ゲストを対象に実施します。

さらに、メキシコ、中央アメリカ、カリブ海、南アメリカのワールドオブハイアットに参加している10軒のホテルは、テスト関連の理由で旅行を延長するゲストに旅行遅延率を延長し、標準料金(ハイアットジバを除く)を最大50%OFFで提供します。

また飲食物(アルコールを除く)も最大30%OFFで提供する予定です。


日本が対象なでないので、あまり関係ないようにも思いますが、アメリカを含めてヨーロッパなどでも新型コロナウィルスの感染拡大を受けて国外からの入国を規制、もしくは禁止している国が多くなっています。

旅行者もそうですが航空会社やホテルも、こういった対策を行うと感染拡大を防ぎ、旅行に対するハードルも低くなります。

旅行の際に10日間や14日間の検疫期間でホテルなどで待機することが、最も移動を難しくしています。

こういったテストの実施によって、それが緩和され、ワクチンの効果が出始めると少しずつ旅行も回復していくと思います。

コメント
非公開コメント