2021年 主要なホテルプログラムの上級会員要件 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

2021年 主要なホテルプログラムの上級会員要件 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

2021年 主要なホテルプログラムの上級会員要件

昨年、多くのホテルチェーンがロイヤルティプログラムを調整しました。

ほぼすべての主要なホテルプログラムが上級会員の期間延長と資格緩和を発表しました。

昨年の対応はありませんでしたが2021年の資格要件を緩和するホテルプログラムも追加になっています。

日々変わっていく無数の変更を把握することは、難しい場合があります。

2021年 主要なホテルチェーンの上級会員資格の変更は次のとおりです。


プーケットのマリオットで25泊プラチナパッケージの宿泊プラン1

ヒルトンオナーズ

ヒルトンオナーズは、滞在、宿泊、ベースポイントなど、2021年の資格要件を半分に削減しました。

2021年1月から上級会員を獲得または更新する内容は次のとおりです。

シルバー会員: 2滞在、5泊、または12,500ベーシスポイント

ゴールド会員: 10滞在、20泊、または37,500ベーシスポイント

ダイヤモンド会員: 15滞在、30泊、または60,000ベーシスポイント


2021年度のヒルトンオナーズプログラムの変更 大幅な改善



上級会員資格の削減に加えて、ヒルトンオナーズは2020年の上級会員資格のあるすべての滞在を2021年の上級会員資格に自動的にロールオーバー(繰り越し)をするため、今年2021年の上級会員資格を大幅に短縮できる会員もいます。


ワールドオブハイアット

ワールドオブハイアットは2021年の資格取得に上級会員要件を50%削減すると発表しました。

また、2021年に獲得したステータスは、2023年2月28日まで有効になります。

ワールドオブハイアット

2021年の要件がどのようになるかを次に記載します。

Discoverist ステータスには、5回の滞在または12,500ベースポイントが必要

Explorist ステータスは15の滞在または25,000ベースポイントが必要

グローバリストステータスは30の滞在または50,000ベースポイント

2021年、ワールドオブハイアットはエリートステータス資格を50%削減し、会員がステータスを達成または更新に関して、半分の内容でエリート特典を享受できるようにします。

これは、宿泊日数の半分またはベース数の半分を獲得することで達成することができます。

たとえば、メンバーは、2021年に30滞在をするか、50,000ベーシスポイントを獲得することで、ワールドオブハイアットの最上級会員のグローバリストステータスを獲得します。

IHGリワードクラブ


昨年と同様に、IHGリワードクラブは2021年にIHGリワード上級会員を取得するための要件を約25%削減しています。

今年ステータスを獲得するには、次のようになります。

ゴールドエリート: 7,000ポイントまたは7泊

プラチナエリート: 30,000ポイントまたは30泊

スパイアエリート: 55,000ポイントまたは55泊

さらに、2020年に上級会員が獲得したすべての滞在は2021年にロールオーバーされます。

IHGリワードクラブによると、これらのロールオーバー分は3月末までにアカウントに自動的に表示されます。

IHGリワードクラブは、会員が上級会員になるためのポイントを迅速に獲得できるようにするキャンペーンも実施しています。

具体的には、2021年1月20日から3月31日までの間に滞在した2泊ごとに、会員が2,000ボーナスポイントと上級会員資格ポイントを獲得できるようにします。


マリオット

マリオットは、上級会員資格要件を大幅に調整していません。

唯一の変更点は、2021年にアンバサダーエリートステータスを取得するための20,000ドルの支出しきい値が30%削減されたことです。

ただし、2021年に上級会員を獲得または維持するのはいくつかの方法で簡単になります。

昨年と同様に、現在の上級会員は、2020年に開催された上級会員の資格を得るために必要な滞在数の50%を受け取ります。

さらに、マリオットは2021年2月16日から4月27日まで、すべての会員が参加できるキャンペーンを実施します。

現在上級会員を持っていない人を含め、追加の上級会員資格を迅速に獲得することができます。

キャンペーンに登録した会員は、2泊以上のすべての滞在で、2倍のポイントと上級会員資格を獲得することができます。


まとめ

多くのホテルのロイヤルティプログラムにより、2021年に上級会員を獲得しやすくなっています。

その他のホテルチェーンでも上級会員資格の緩和などを行っています。

ただし、主要なホテルチェーンでも思うように滞在できない状態では、そういったさぶいかのホテルチェーンを利用することは実際的に少ないと思います。



コメント
非公開コメント