2021年 その他のホテルプログラムの上級会員要件 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

2021年 その他のホテルプログラムの上級会員要件 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

2021年 その他のホテルプログラムの上級会員要件

昨年、多くのホテルチェーンがロイヤルティプログラムを調整しました。

ほぼすべての主要なホテルプログラムが上級会員の期間延長と資格緩和を発表しました。

昨年の対応はありませんでしたが2021年の資格要件を緩和するホテルプログラムも追加になっています。

日々変わっていく無数の変更を把握することは、難しい場合があります。

昨日は2021年 主要なホテルチェーンの上級会員資格の変更を記載しましたので、今回はその他のホテルチェーンでの対応を記載します。
アコーライブリミットレス

アコーは、すべてのアコーライブリミテッドステータスティア(シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイアモンド)をさらに1年延長しました。

上級会員期間は、会員が2020年に完了した対象となる滞在数に関係なく、2021年12月31日に期限切れになります。

同様に、2020年7月から12月の間に獲得したすべての対象となる滞在が2021年の上級会員対象資格に繰り越されます。


ベストウエスタンリワード

新型コロナウィルスの影響で各ホテルプログラムは2021年度の上級会員資格を半減したり、滞在した際に2倍の上級会員会員資格を給付したり、様々な対応と行っています。

今回、ベストウェスタンリワードでも上級会員資格要件を半減することを発表しました。


ベストウエスタン

ベストウエスタンリワード会員は、4つの上級会員ステータスレベルのそれぞれで、上級会員資格を得ることができます。

2021年度の上級会員資格は


ベストウエスタンリワードも2021年度 上級会員資格要件を半減


今回の対応は他のホテルプログラムと比較して遅いようにも思いますが、それでも対応したことはよいニュースになります。

日本ではメインにならないベストウェスタンホテルですが、アメリカやヨーロッパでは利用する機会があります。

昨年のベストウェスタンリワードは、ボーナスポイント、無料宿泊券、ボーナストラベルカードを提供するキャンペーンをアメリカでに非常に積極的に行っていました。

この傾向は2021年も続くと思いますが、日本を対象としたキャンペーンやワールドワイドのキャンペーンが増えることを期待したいと思います。


ベストウエスタン ステータスマッチとチャレンジ2021年


ベストウエスタンもベストウェスタンリワードという会員プログラムがありますが、今回他のホテルの会員プログラムからエリートステータスに一致するようにステータスマッチプログラムを提供しています。

ベストウエスタンのステータスマッチはあまり行うことがなく、以前はシティカードプラチナカードでの特典の一つとしてプラチナ会員を提供していました。


ベストウェスタンリワード ステータスマッチ


ベストウェスタンリワードは、世界中の地域に展開しているホテルチェーンであり、メインでの利用には適さないかもしれませんが、実際に役立つ可能性があります。

ベストウエスタンには、よく知られている「ステータスマッチ」プログラムがあり、専用のフォームに情報と競合他社の上級会員レベルを入力すると、ステータスマッチを行うことができます。

ベストウエスタンが必要なステータスにマッチングするにはスクリーンショットも必要ないようです。





専用フォームはこちら



ベストウエスタン ステータスマッチとチャレンジ2020年

ベストウェスタンホテルに関して日本ではプチホテルなどがあります。

ベストウエスタンというとアメリカでは安いモーテルが多くホテルとしては、それ程魅力は感じません。

ただし、アメリカではベストウエスタンはアメリカには至る所にあります。

車を運転していると、ベストウエスタンの看板がよく目に付きます。

アメリカで予約をせずにレンタカーで行くような旅行の時には非常に便利です。

ヨーロッパではヨーロピアンスタイルのすこし古いホテルが多いと思います。

ヨーロッパでは3つ星のプチホテルや4つ星も多くあります。

イタリアやパリは価格の割には内容の良いベストウエスタンもお勧めです。

このプログラムには特典の引き換えのための豊富な高級ホテルはありませんが、小さな都市(たとえば、コルマール、フランス、イタリアのミラノ郊外など)への旅行を考えている場合は、ベストウエスタンリワードの上級会員担っていると便利です。


プリファードホテル&リゾートIプリファード

プリファードホテルズ&リゾーツのIプリファードリワードプログラムは、85か国の700以上のグローバルリゾートを対象としており、すべての上級会員を期間延長しました。

同社の最新の発表では、既存の上級会員を持つ会員期間が2022年6月30日まで延長されました。

さらに、プリファードホテル&リゾートIプリファードは少なくとも2021年6月までポイントの有効期限を一時停止しました。

ラディソンリワード


ラディソンリワードは、2021年2月に期限を迎える上級会員のために2022年2月まで上級会員期間を延長しました。

ラディソンリワードは上級会員資格要件を引き下げませんでしたが、2020年に獲得したすべての上級会員になるために必要な滞在を2021年の資格に繰り越しを行いました。

これにより、昨年ラディソンホテルに滞在したことがある場合は、ラディソンステータスの再認定に向けて有利なスタートを切ることができます。

また、2020年3月1日から12月31日までの有効期限が設定されたすべてのポイントが2021年12月31日まで延長されました。


シャングリ・ラゴールデンサークル


小規模なプログラムですが、シャングリ・ラゴールデンサークルは特に寛大名対応を行っています。

同社は、すべてのゴールデンサークルティアステータス(ダイヤモンドとジェイド)を2021年12月31日まで世界中に延長しました。ポイントの有効期限もこの日まで一時停止されています。



まとめ

多くのホテルのロイヤルティプログラムにより、2021年に上級会員を獲得しやすくなっています。

その他のホテルチェーンでも上級会員資格の緩和などを行っています。

ただし、主要なホテルチェーンでも思うように滞在できない状態では、そういったサブに利用するホテルチェーン以下のホテルを利用することは実際的に少ないと思います。




コメント
非公開コメント