Accor Live Limitlessは、エリート会員のポイント有効期限を延長します - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

Accor Live Limitlessは、エリート会員のポイント有効期限を延長します - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

Accor Live Limitlessは、エリート会員のポイント有効期限を延長します

新型コロナウィルスは旅行に大きな影響を与えました。

国内旅行もセクなくなりましたが、海外旅行はほとんどなくなりました。

ワクチン接種などにより事態は好転していますが正常に戻るまでにはしばらく時間がかかります。

そのため、航空会社やホテルは、エリートステータス、マイレージやポイントの有効期限などを継続的に延長しています。

Accor Live Limitlessは、2021年12月中旬まですべての上級会員のポイント有効期間を延長することになりました。


アコーオール&アコープラス 上級会員になるためのファストトラックキャンペーン1

アコーの上級会員を対象としたポイント有効期限延長

新型コロナウィルスの対応として、アコーは、クラシック会員の場合は2020年12月15日まで、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドエリートの場合は2021年4月30日までポイントの有効期限を延長していました。

その有効期限が延長になり、上級会員のポイントは少なくとも2021年12月15日まで有効になります。

アコーは上級会員の有効期限を2021年12月31日まで延長しています。

さらに、2020年7月から12月の間に滞在したすべての対象となる滞在を今年の上級会員資格に繰り越しました。

プラチナおよびダイアモンド会員の場合、当初は昨年末に期限切れになる予定だったスイートナイトアップグレードが2021年12月31日まで延長されました。

一般会員の場合は、アカウントで少なくとも年に1回ポイントの増減があると、ポイントが期限切れにならないようにすることができます。

まとめ

まだまだ旅行には行けないため、ほとんどの人は通常のようにポイントを利用することができません。

特にアコーのように海外がメインで利用するホテルチェーンはなおさらです。

これに応えて、アコーライブリミットレスはエリート会員のリワードポイントの有効期間を延長しています。

期間延長がすべての会員に適用されるわけではないのは残念ですが、一般メンバーの場合はポイントが期限切れにならないようにする方法があります。

比較すると、ヒルトンオナーズ、マリオットボンボイ、IHGリワードなどのチェーンは、少なくとも2021年の半ばまで、上級会員だけでなくすべての会員のポイントの有効期限を延長しています。



コメント
非公開コメント