マリオット予約キャンセルに関する免除は2021年5月31日まで延長されました - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

マリオット予約キャンセルに関する免除は2021年5月31日まで延長されました - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

マリオット予約キャンセルに関する免除は2021年5月31日まで延長されました

マリオットは、新型コロナウィルスの影響で、上級会員の有効期間やポイントの有効期間、予約の変更やキャンセルに関する条件の緩和など多くの対応を行っています。

マリオットは新たに、予約のキャンセルに関する条件緩和を2021年5月31日まで延長しします。

以前の内容は2021年3月31日まででしたので、更なる延長になります。

この対象期間は状況によって更に延長する可能性があります。


マリオット予約キャンセルに関する免除は2021年5月31日まで延長されました



キャンセルに関しては、セールやキャンペーンなどで特に記載がない限りは、滞在の少なくとも1日前にキャンセルが行われた場合、すべての予約のキャンセルを無料で、または変更できるようになりました

ただし、予約の際に前払い料金でキャンセル不可などの条件が付いて言う場合は、その条件に準じます。

詳しくは英語になりますがこちらをご覧ください。


現在のポリシーは次のとおりです。

世界中のすべてのマリオットインターナショナルホテルについて、柔軟な予約ポリシーを次のように拡張しています。

一般に、2020年7月6日より前に既存の予約を行ったゲストの場合、将来の到着日については、予約時に適用された、または以前に通知されたポリシーが引き続き尊重されます。

2020年7月6日以降のご予約の場合、2021年5月31日までのご到着日は、ご到着予定日の24時間前まで無料で変更・キャンセルさせていただきます。前払い料金およびその他の限定的な除外*を伴う予約には、予約時に通知された料金オファールールが適用されます。予約の変更は、空室状況と料金の違いによりますのでご注意ください。

2021年6月1日以降に到着日を新たに予約する場合は、予約時に適用される個別のホテルキャンセルポリシーが適用されます。


まとめ

料金が前払いの場合は、キャンセル不可の条件が付いている可能性がありますのでキャンセル要件を確認する必要があります。

予約時にキャンセル要件に関しては予約確認画面で表示されますので、もしキャンセル不可の場合は確実に滞在するならそのまま予約を行い、確実ではない場合は他の料金プランに変更した方が良いと思います。




コメント
非公開コメント