IHGリワード シックスセンシズの参加は本日から - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

IHGリワード シックスセンシズの参加は本日から - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

IHGリワード シックスセンシズの参加は本日から

IHGリワードは2019年2月にシックスセンスホテルを3億ドルで買収し、シックスセンスブランドをIHGリワードに統合する準備を行って言いました。

買収から約2年でシックスセンスがIHGリワードに正式に参加しました。


IHGリワード シックスセンシズの参加は本日から

本日IHGリワードに参加しているシックスセンスホテルは6つあり、一部のアンバサダー、ロイヤルアンバサダー、キンプトンインナーサークルの特典を利用することができます。

残念ながら日本にはシックスセンスは展開していないので、当面は利用することもないと思います。

しかし、IHGリワードクラブに買収されたホテルブランドが新しく日本で開業することもありますので、将来的には利用する機会もあるかもしれません。

4月27日からシックスセンスホテルでの滞在でポイントの積算と交換をすることができます。

Six Sensesは、12か国にホテルを構え、次のような世界で最も魅力的なホテル、リゾート、スパを展開しています。

ドウロ渓谷(ポルトガル)にある19世紀のワインエステート。セイシェルとモルディブの息を呑むようなアイランドリゾート。インドネシア、タイ、ベトナム、オマーンのビーチサイドリトリート。

シンガポール。クールシュヴェル(フランス)の山の中にあるホテル。

今回参加するホテルはその中で


シックスセンシズヤオノイ、タイ
シックスセンシズラーム、モルディブ
Six Senses Botanique、ブラジル
シックスセンシズニンヴァンベイ、ベトナム
Six Senses Uluwatu、バリ島、インドネシア
シックスセンシズフィジー、フィジー。

6件のホテルになります。

参加ホテルは順次増えていくと思います。

SixSensesは今後10年以内に60軒のホテルに拡大する予定です。

Six Senses、InterContinental®Hotels&Resorts、RegentHotels&Resorts、KimptonHotels&RestaurantsなどのIHGの主要な高級ブランド全体で、ゲストは世界中の300近くの高級ホテルを利用することが可能になり、今後はさらに100軒以上の高級ホテルがオープンする予定です。


シックスセンシズでは、アンバサダー、ロイヤルアンバサダーの特典を利用することができます


メインレストランでの毎日2名分の無料の朝食。

2名様分の無料の50分間のSixSenses Spaマッサージ、または1滞在につき1回の地元での体験のいずれかのシグネチャーアメニティ。

シグネチャーアメニティはリゾートによって異なり、空室状況により利用可能で、到着時に確認されます。

ホテルのベストフレックスレート(BFR)に朝食が含まれている場合、クラブ、ゴールド、プラチナエリート会員のリワードナイトステイに含まれます。

1つ上のカテゴリーの部屋のアップグレード(空室状況による、2ベッドルーム以上のスイート/ヴィラを除く)アップグレードは、アンバサダー、ロイヤル、インナーサークルの特典になります。

午後4時の延長チェックアウトは空き状況によります。

ロイヤルアンバサダーに保証されています。

スパイアエリートの午後2時のレイトチェックアウトとアンバサダーメンバーの午後4時のレイトチェックアウトは空き状況により利用可能です。

午前10時のアーリーチェックインは、アンバサダーメンバーの空き状況によります。

ロイヤルアンバサダーおよびキンプトンインナーサークルのメンバーに保証されており、午前10時に部屋が利用できない状況では、元の予約済みの部屋が利用可能になるまで、メンバーは別の利用可能な部屋にチェックインできます。


まとめ

シックスセンスホテルが徐々にIHGリワードに参加し、ポイントの獲得と使用の両方が可能になることは選択肢が増えるので利用者にとってメリットがあります。

いずれはすべてのシックスセンスホテルがIHGリワードに参加する予定なので特にインターコンチネンタルアンバサダーの会員はさらに特典が充実します。




コメント
非公開コメント