Appleは、AirTagを使って荷物を見失うことがないようにしたいと考えています。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

Appleは、AirTagを使って荷物を見失うことがないようにしたいと考えています。 - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

Appleは、AirTagを使って荷物を見失うことがないようにしたいと考えています。

日常でもそうですが、旅行の場合に忘れ物や紛失による影響は非常に大きくなります。

飛行機に預けた手荷物がなくなるロストバゲージや忘れ物や紛失などの他に盗難や強盗などの犯罪により荷物がなくなることも考えられます。

そのようなときに役立つ商品がAppleから販売されます。

AirTagと呼ばれるAppleの新製品は、先週行われた製品発売イベントで発表しました。

コインサイズのAirTagは、Find Myネットワークを利用して、コンピューター、電話、またはタブレットから紛失したアイテムを見つけることができます。


Appleは、AirTagを使って荷物を見失うことがないようにしたいと考えています。1
Appleの画像提供。

AirTagの他にも今までBluetooth追跡デバイス製品は存在していましたが、旅行者にとってAirTagの機能は次の旅行で貴重品を見失うことがないようにするための驚くほど手頃でシームレスな方法になります。

AirTagはスーツケースやバックパックに取り付けることができます。

その他に財布に入れたり、鍵に取り付けるか、パスポートホルダーにつけることもできます。

紛失した場合は、AirTagを使用して追跡することができます。

Bluetoothの範囲内にいる場合(たとえば、家の周りのパスポートを見つけようとしている場合)、Find Myアプリを使用して、音、触覚の合図などで探すことができます。

Bluetoothの範囲外になると、Find Myネットワーク内の10億台のAppleデバイスのいずれかが、失われたAirTagからの信号を受信し、その情報を非公開で中継することができます。

財布などを落としたりした場合にAirTagを取り付けていたとしたら、Find Myネットワークを利用して、少なくともその場所を特定できたはずです。

そして、財布が忘れたのか盗まれたのかをすばやく判断することができます。

AirTagをスーツケースに入れて、到着した空港の手荷物を受取る場所でスーツケースがなかなか出てこなかったとしても不安に思うことはなくなります。

スマートフォンからFind Myアプリを開いて、スーツケースがベルトコンベアのどこにあるのか、それとも元の空港にあるのか、違う場所に行っているのかなどを確認することが可能になります。

もちろん場所がわかるだけでロストバゲージの手間や不便さは軽減されることはありませんが、精神的にはかなり違うことになります。

Appleは、AirTagを使って荷物を見失うことがないようにしたいと考えています。
Appleの画像提供。

AirTagをAppleユーザーにアピールする他の機能もあります。

AirTagをロストモードにすると、検出されたとき、または範囲内にあるときに通知を受けることができます。

また、AppleにAirTagを注文すると、テキストまたは絵文字を無料で刻印することができます。

AirTagはAppleから予約注文することが可能で、4月30日金曜日に利用可能になります。

1つのAirTagが3,800円(税込)から。

コメント
非公開コメント