ヒルトンオナーズの生涯エリートステータスについて - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ
FC2ブログ

ヒルトンオナーズの生涯エリートステータスについて - ホテルのお得な泊まり方 ホテルブログ



スポンサードリンク

ヒルトンオナーズの生涯エリートステータスについて

新型コロナウィルスの影響でホテルに限らず航空会社などでも上級会員期間の延長や上級会員資格の条件緩和などにより、上級会員の獲得や維持がはるかに容易になっています。

しかし、それらは一時的なものであり、上級会員を維持や2021年以降に上級会員を獲得するのは容易ではありません。

ヒルトンオナーズの場合はアメリカンエキスプレスカードで提携クレジットカードを発行しているので、そのカードを更新することによってヒルトンオナーズのゴールド会員や、プレミアムカードの条件付きですがダイヤモンド会員になることはできます。

アメリカンエキスプレスカードのヒルトンオナーズ提携カードでプレミアムカードの年会費は高いと思いますが、ヒルトンオナーズの生涯にわたるダイヤモンド会員を目指すこととどちらがお得か考えてみたいと思います。


ヒルトン アメリカンエキスプレスカード

ヒルトンエリートステータスのライフタイム要件

ヒルトンオナーズの新しいブランド Tempo By Hilton(テンポバイヒルトン)

ヒルトンオナーズのダイアモンド会員は、100%ポイントのボーナス、スペースを利用できるアップグレード、ラウンジへのアクセスの保証(ゴールドはアクセスするにはアップグレードが必要)、無料の朝食など、さまざまな特典があり、頻繁にヒルトンホテルを利用する方にとっては年間10万円以上の価値があります。

ヒルトンオナーズでは、次の要件を満たすことで、ダイヤモン会員ステータスを一生維持することができます。

ヒルトン・ダイアモンドのステータス を10年(非連続)維持
それと次のいずれか1つをクリアする必要があります。

合計1,000泊の有料滞在と特典宿泊、 または
200万ベーシスポイントを獲得

ヒルトン・ダイアモンドのステータス を10年(非連続)維持 はヒルトン・オナーズ・ダイヤモンド会員の資格を獲得・維持するには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

(1)1年間に30回の滞在、または
(2)1年間に60泊の宿泊
(3)1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

1年間に30回の滞在は他のホテルプログラムと比較すると少ない滞在数です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、10年の要件にカウントされますか?

10年間ダイヤモンドステータスを獲得することは他のホテルプログラムと比較した場合に、今後条件が変わらなければ比較的簡単な基準であり、実際に頻繁にホテルを利用する方なら問題はないかもしれません。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードで1月から12月の1年間で合計200万円以上を利用するだけでダイヤモンド会員になることができます。

年会費66,000円(税込)で、10年間継続で可能です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、ヒルトンオナーズのダイアモンド会員を獲得するための最も迅速で簡単な方法です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの他のメリットは?

年会費66,000円(税込)に関しては他のクレジットカードと比較しても高額になります。

ただし、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードをこ継続するときに、ウィークエンド無料宿泊特典1泊分を利用できるようになります。

またカードを合計300万円以上利用し、カードを継続すると、ウィークエンド無料宿泊特典をさらにもう1泊プ利用することができます。

ウィークエンド無料宿泊特典はヒルトンオナーズのホテルやリゾートに無料で宿泊することが可能で、特にホテルカテゴリの制限などはありませんのでホテルによっては年会費以上の金額になります。


ダイヤモンド会員要件の2番目の条件について


10年間のダイヤモンド会員維持はクレジットカードの作成や実際の滞在で考えてもそれほど難しい条件ではありません。

問題になるのは2番目の一連の要件になります。

生涯1,000泊はに関しては、有料滞在と特典滞在の両方が含まれていますが、この滞在を短縮する方法はありません。

マリオットのクレジットカードは、1年に5のエリートナイトクレジットを提供して、滞在数の増加にわずかですが役立ちます。

しかし、ヒルトンオナーズ提携のクレジットカードにはそのような特典はありません。

ダイアモンド会員を生涯にわたって獲得するには、年間60泊が必要です(または30滞在が必要ですが、それは生涯の資格には役立ちません)。

年間60泊の滞在がある場合、生涯のダイヤモンド会員になるためには約17年かかります。

年間100泊ホテルを頻繁に利用している場合でも、この期間には10年が必要になります。

また、200万ベーシスポイントを獲得しようとするのも簡単ではありません。

「ベーシスポイント」とは 、ホテルの利用で獲得できる10倍のポイントであり、ポイントの移行、マイルストーンボーナスは含まれません。

したがって、200万ベーシスポイントを獲得するには、ブランドとの関係の存続期間中、ヒルトン滞在に2,000万円以上を費やす必要があります。

これは、一部のコンラッドやホテル価格の高い都市のようなより高価なホテルを頻繁に訪れるビジネス利用にとってはまったく考えられないことではありませんが、ほとんどの旅行者がこれを獲得できる事は難しいと思います。

関連:

ヒルトンオナーズ&アメリカン・エキスプレスの提携クレジットカード


ヒルトンオナーズ 滞在で最大3倍のポイントを獲得できる新しいキャンペーンを開始



その価値はありますか?

以上のようにダイヤモンド会員の継続以上に他の条件のクリアが難しく、生涯にわたるヒルトンオナーズダイヤモンド会員に関しては特典内容や条件から考えてもあまりメリットはないように思います。

それよりも必要な期間だけダイヤモンド会員を維持することができるヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを利用する方が効率的になると思います。

他のホテルプログラムもそうですがライフタイムの上級会員でも1年だけの上級会員でも特典内容やサービス内容に変わりはありません。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを作るだけで、ヒルトンダイヤモンド会員と同じ特典やサービスをわずかなコストで享受することができます。



コメント
非公開コメント